企業メセナ協議会について

Q1. 企業メセナ協議会はどのような団体ですか?
A. 公益社団法人企業メセナ協議会は、企業によるメセナ(芸術文化支援)活動の活性化を目的に活動する民間の公益法人です。詳しくは企業メセナ協議会とはのページをご参照ください。

Q2. どのような企業が会員になっているのですか?
A. 会員・役員のページをご参照ください。

Q3. 企業メセナ協議会の事業報告や定款を閲覧したいのですが。
A. 事業計画・年次報告のページでご覧いただけます。
定款はこちらからダウンロードできます[PDF:343.1 KB]。

Q4. 企業メセナ協議会は、どのような活動をしているのですか?
A. 企業メセナへの意欲を高め、メセナに対する社会の理解を深めるために啓発・普及、調査研究などの事業を行っています。
詳しくは協議会の事業概要のページをご参照ください。

Q5. 企業メセナ協議会の採用情報について教えてください。
A. 協議会では定期採用は行っておりません。職員、アルバイト、インターン等を募集する場合は、随時ウェブサイトでご案内します。
Newsで最新情報をご確認ください。

▲ ページトップへ戻る

助成金や協賛金を探している芸術団体・アーティストの方々へ

Q1. 芸術活動のための資金を調達する方法を教えてください。
国・地方自治体・財団などからの公的助成を得たり、企業や企業財団から資金支援を受ける方法があります。協議会の出版物『企業メセナへのアプローチガイド』や協議会がトヨタ自動車と協働運営するアートマネジメント総合情報サイト「ネットTAM」の助成金情報を参照してください。

Q2. 企業メセナ協議会から助成金をもらえるのですか?
企業メセナ協議会の資金を、助成金として直接配分することはしていません。芸術・文化活動に対する寄付を促進するための「助成認定制度」を運営しています。

Q3. 芸術活動を支援してくれる企業を紹介してほしいのですが。
協議会は、支援企業の仲介や紹介は行っていません。企業は独自の方針や考え方をもって支援や寄付を検討していますので、協議会が仲介することは控えています。時間をかけて企業とよい関係を築いた上で支援を得ることが重要であり、支援要請は計画的に自ら行うことをお勧めします。

Q4. どのようにして自分たちの活動を支援してくれる企業を探せばよいのですか?
以下の情報を参考にしてください。
協議会の出版物
・各企業のウェブサイト
※参考:企業リサーチのポイント
・メセナ活動の基本方針(支援を受けたい芸術活動の趣旨や内容に合致するか)
・過去のメセナ活動における支援分野、地域、支援形態の傾向

Q5. 企業に支援を要請する際のポイントは?
企業によって、支援決定のプロセスはさまざまです。長い時間をかけて関係を築いていく場合もありますので、十分に余裕を持って支援申請をすることをお勧めめします。協議会の出版物『企業メセナへのアプローチガイド』を参考にしてください。

Q6. 「助成認定制度」を利用すると、どんなメリットがあるのですか?
寄付者にとっては、寄付に対する税制優遇が得られることが利点です。芸術団体側は、寄付者が税制上の優遇措置を希望する場合、本制度に認定されることで活動に対する寄付を集めやすくなります。自らが税制優遇団体の資格を持たない団体、あるいは期間限定のプロジェクトにとっては、本制度を通じて、認定された活動が税制上の優遇を受けられます。

Q7. 「助成認定制度」に申請を検討したいのですが、どうすればよいですか?
助成認定制度」のページと「申請の手引き」をお読みください(申請資格に適応するかをご確認ください)。

Q8. その他の「助成認定制度」についてのお問い合わせ
その他の助成認定制度への申請や手続きに関するお問合せは「よくある質問と答え」をご覧ください。

▲ ページトップへ戻る

「メセナ」の動向について

Q1. 「メセナ」とは何ですか?
芸術文化支援のことをいいます。詳しくは、メセナとはをご覧ください。

Q2. 最近の企業メセナの動向について知りたいのですが。
メセナ活動実態調査」の結果や協議会機関誌『メセナnote』「メセナ アワード」の受賞企業の情報等から、最新の動向をご覧いただけます。

Q3. 各企業が、メセナ活動にどれだけ費用を使っているのか知りたいのですが。

メセナ活動実態調査」の結果から、調査に回答した企業の「メセナ活動費総額合計」やその金額の分布、1活動あたりの事業費の分布などを把握いただけます。なお、個別企業の活動費は非公開です。

Q4. 「メセナ」と「スポンサー」は違うのですか?
内容ではなく、活動を行う「目的」が違います(例:コンサートの中味によって「メセナ」なのか「スポンサー」なのかを区別することはない)。企業メセナ協議会では、販売促進や宣伝広告として行うものを<スポンサーシップ>、社会貢献の一環として長期的視野にたって行うものを<メセナ>としています。

▲ ページトップへ戻る

協議会の出版物や情報について

Q1. 協議会のウェブサイトに情報を掲載してほしいのですが。
当協議会のウェブサイトやFacebook、Twitter等への情報掲載については、まずはお問合せフォームでお知らせください。

【会員の方へ】会員特典として、当協議会ウェブサイトの「アート&カルチャー」コーナーにご活動情報を掲載いただけます。応募方法詳細はこちら
専用のエクセルフォーマットに必要事項を記入の上、メールにてmembers@mecenat.or.jpまでご応募ください。
会員用_情報掲載フォーマット

Q2. 協議会が発行している出版物を購入したいのですが。
協議会発行の書籍情報を「出版物の販売について」のページでご確認のうえ、お申し込みください。事務局でもご購入いただけます。

Q3. 機関誌を購読したいのですが。
機関誌『メセナnote』の販売は終了しました。バックナンバーは企業メセナ協議会情報ライブラリーにて閲覧できます(要予約)。

Q4. メセナに関するセミナーや勉強会などに参加したいのですが。
参加者募集中のセミナー情報は「企業メセナ協議会のセミナー・シンポジウム・視察」に随時掲載しますのでご確認ください。

Q5. 協議会の情報ライブラリーを利用したいのですが。
情報ライブラリーご利用の際は、企業メセナ協議会まで事前に予約をお願いします。

▲ ページトップへ戻る

企業メセナ協議会への入会について

Q1. 企業メセナ協議会への入会を検討中です。さらに詳しい情報がほしいのですが。
企業メセナ協議会に入会する」をご覧の上、協議会事務局までご相談ください。

Q2. 「正会員」と「準会員」の違いは何ですか?
企業メセナ協議会の会員区分は「正会員」「準会員」の2つです。正会員は、当協議会の趣旨に賛同して入会した法人で、総会における議決権を有し、協議会事業を賛助し運営に参加します。
準会員は、当協議会の事業を賛助するために入会した個人または法人などです。現在は主として芸術文化団体、行政組織、公益法人、学校法人等がご参加くださっています。議決権は有しませんが、それぞれの専門性や特性を活かして協議会の事業に参加いただいています。

Q3. 入会のための会費はいくらですか? 年会費支払いの際の消費税はどうなりますか?
正会員は年間1口25万円から、準会員は年間1口12万円からです。入会金はありません。年会費は、消費税の適用対象ではない「不課税取引」(資産の譲渡等に該当しない取引)で、課税対象ではありません。 詳しくは、東京国税庁ウェブサイトの「消費税」または「タックスアンサー」をご覧ください。

Q4. 企業メセナ協議会に入会すると、助成認定制度の申請が有利になりますか?
助成認定制度では外部の識者による審査委員会が審査にあたります。協議会会員であることが審査結果に影響を及ぼすこと、審査が免除になることはありません。

Q5. 入会するとどのような会員サービスがありますか?
企業メセナ協議会に入会する」をご覧ください。

企業メセナ協議会とはのトップへ
ページのトップへ戻る