事務局見える東京タワー。「2016」のライトアップです。
メセ協は本日で仕事納め。事務局は昨日の大掃除できれいになったところ、
一人、机の上の書類も片づけられていない事務局長・荻原です。
さて2016年、会員の皆さまや多くの文化関係者の皆様のご協力を得ながら
事務局を運営してまいりました。以下は主な催しだけで、数々の選考会や
部会やワーキンググループの会議もたくさんあり、多くの方々に
ご助力をいただいてまいりました。あらためて感謝申し上げます。
 
1/22:メセナフォーラム&賀詞交歓会、凸版印刷の小石川テラスにて開催
2/5:ミニ・メセナフォーラム「ファンドレイジングのノウハウ」開催
2/26:「創造列島(Creative Archipelago)」に関する記者懇談会を開催
3/8-9:ジャカルタにて国際会議「芸術文化振興と社会創造における企業の役割
―ASEANネットワークの構築に向けて」を開催、現地アートシーンを視察
3/16:2015年度「メセナ活動実態調査」報告会、経営資源を活かす多彩なメセナを紹介
3/16:第6回定時社員総会を開催、前年度の事業報告と収支決算が議決され、
   次期理事が選任される。
3/18:会員ネットワーキンググループの第1回「音楽部」開催、
紀尾井ホール開館20周年特別公演・邦楽ドラマ「歌行燈」鑑賞+レクチャー
4/21:熊本地震の発災を受けて「GBFund熊本・大分」を設立
5/10:広島県「瀬戸内アート資産調査」報告会を広島にて開催
5/26-27:国際会議「芸術・文化振興と社会創造における企業の役割」を東京で開催。
連携機関MyPAAとマレーシアにおけるメセナ推進を協力するMOUを締結
6/21:音楽支援に取り組むメセナ企業のミーティングを実施
6/30:ミニ・メセナフォーラム「メセナ・アソシエイト事例研究報告会」にて、
3名の第二期アソシエイトメンバーによる事例研究を発表。
7/14:「芸術・文化による復興支援ファンド(GBFund)」の報告会。
2011年より5年間にわたる成果について検証チームを組み、
前年9月からアンケートや現地ヒアリングを重ねて発表。
7/15:芸術・文化に対する寄付のポータルサイト「かるふぁん!」リニューアルオープン
7/19:マレーシア視察団を受け入れ、寺田倉庫、3331Arts Chiyoda等を視察
7/22:「SOMPOアートファンド」選考会にて18件の助成活動を採択、プレス発表
8/22:協議会の2021Arts Fundにて「SOMPOアートファンド」設立、
全国各地のアートフェスティバル等への助成をスタート
8/24-25:マレーシア・クアラルンプールにて国際会議と現地視察
9/9-11:GBFund等で支援した「三陸国際芸術祭」、大船渡でフォーラムとフィールド視察
9/22:すみだ北斎美術館の開館に向け「隅田川 森羅万象 墨に夢」スタート
(メイン期間:9/23~11/22、特別協賛:アサヒビール)
10/14:第24回臨時理事会を開催
10/17-18:せとうち観光推進機構からの受託で「瀬戸内アートクルーズ」を実施
10/25:会員ネットワーキンググループの第7回「メセナ美術部」にて、
東京国立近代美術館での「トーマス・ルフ展」ギャラリーツアーを鑑賞
10/31-11/2:フィールド視察「瀬戸内国際芸術祭2016&岡山芸術交流Okayama Art Summit」を実施
11/8-10:オーストラリア・メルボルンにて現地のメセナ、文化状況等を調査
11/24:メセナアワード2016贈呈式、長年にわたるメセナ活動を実施した企業が多く受賞
12/5:フォーラム「クリエイティブ・ダイバーシティの実現に向けて
―障がい者のアートプロジェクトの現場から」を開催
12/20:第12回通常理事会で2017年度計画・予算を決議
 
来年も引き続き、皆さまと連携しながら事業を推進してまいります。
ご支援ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
(事務局長・荻原康子)
 
ブログのトップへ
ページのトップへ戻る