本展は、「ホテルの持つ社会性・公共性に着目し、社会に還元する文化活動」を行うメセナ活動の一環として1994年より独自の視点からテーマを掲げ継続してきたチャリティー絵画展です。
開催にあたり、本主旨にご賛同いただいた企業や美術館・個人収集家よりテーマに沿った秘蔵の秀作を借用賜り、ホテルオークラ東京内に特設した会場に展示・公開いたします。なお、本展の純益は、日本赤十字社、NHK厚生文化事業団、Hotel Okura Tokyo Cultural Fund* を通じて社会貢献の為に寄付いたします。本年は、「佳人礼讃-うるわしの姿を描く-」と題し、女性を主題とした作品を中心にさまざまな肖像画・風俗画をご紹介します。西洋画、日本の洋画、日本画の73作品を約25の企業・美術館・団体・個人より拝借し公開いたします。
洋の東西を問わず、いにしえから現在に至るまで、絵画表現の大きなテーマとして取り上げられてきた「人々の姿」に焦点をあて展開します。

■名称 「第23回 秘蔵の名品 アートコレクション展」 佳人礼讃(かじんらいさん)―うるわしの姿を描く―
■開催期間 2017年7月31日(月)~8月24日(木) 25日間 期間中無休
■開催時間 10:00~17:30(最終入場17:00)  ※7月31日(月)は12:00~
■会場 ホテルオークラ東京 宴会場「アスコットホール」(地下2階)
■主催 企業文化交流委員会 
■入場券 一般 \1,300(前売券\1,000)/大学・高校生 \1,000(前売券\900) ※中学生以下無料
■ウェブサイト
 アートコレクション展 http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/events/art/

 Hotel Okura Tokyo Cultural Fund
 http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/company/mecenat/ 

2017mecenat-mark_yoko2.png

 「This is MECENAT 2017」認定活動 

ページのトップへ戻る