有元利夫
《7つの音》1984年
三番町 小川美術館蔵
ⒸYoko Arimoto

有元利夫(1946-1985)は、1978年に具象洋画の登竜門であった安井賞展において、《花降る日》でこの年のみの特別賞となった安井賞選考委員会賞を受賞。さらに81年には大賞の安井賞を受賞し、将来に大きな弾みをつけました。しかしその4年後、38歳という芸術家としての大輪の花を開かせる途上で亡くなります。「風化したものは、僕にとっていつも美しく物語のある空間です。」と本人が語ったように、有元は洋の東西にわたるイメージを積極的に吸収して自身の中で昇華させ、時間と場所を超越した自由な空間を作品の中に作り上げました。その独特の存在感あふれる絵画・版画などの作品は、多くの人に愛され、没後30年を経た現在、ますますその評価を高めています。本展覧会では、有元利夫の絵画をはじめ、版画や立体も含めた主要作品およそ50件をご紹介します。美術と建築・自然が調和した環境の中で深まる秋の時間をお過ごしください。

■会期:2017年9月16日(土)-12月10日(日)
■休館:月曜(ただし、9/18、10/9、11/20、11/27、12/4は開館) 振替休館日は9/19(火)、10/10(火)
■開館時間:10:00~17:00(最終入館は16:30)
■会場:アサヒビール大山崎山荘美術館
■入館料:一般900円(800円)、高大生500円(400円)、中学生以下無料、障碍者手帳お持ちの方300円 ※()内は20名様以上の団体の場合

■ウェブサイト http://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/33768/

ページのトップへ戻る