本展は、我々の生活で最も身近な工芸である「かみ」がテーマです。そのなかでも天然の素材を使い手作業で作られる手すき和紙の可能性を探ります。紙の魅力を引き出すものとして、コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎は、すべての生命の源であり和紙作りにかかせない「水」にフォーカスし、「水会(みずかい)」や「お水え」を創案しました。それらは、お茶会に着想を得た湧水をふるまうセレモニーで、自然への畏敬の念から立ち現れたパフォーマンスです。展覧会タイトルの「かみ」には、原始的な響き、太古の神への思いも重ねられています。
コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎は、昨年、島根県立石見美術館で展覧会「お水え いわみのかみとみず」を開催しました。そこでは「お水え」のしつらえや道具、そこからイメージを膨らませて作られた工芸作品が展示されました。道具やその他の演出は、日本の文化の源泉である縄文から着想しています。
本展は、「お水え いわみのかみとみず」を再構成し、新作「舟(ふな)水会(みずかい)」が加わります。
新作には、お香や薬に使用されていた海浜植物・ハマゴウを素材に紙の新たな可能性を探りました。ハマゴウは縄文以前より、種が海に流れることで日本の浜に広がったといわれています。太古の人たちが舟で日本の処々へ渡る姿と、海に浮かび広がっていったハマゴウ、それらの重なる光景を表現しています。
自然の素材により、昔ながらの手仕事で作られた作品は、我々の五感を冴えわたらせ、いにしえを感じさせ、「みえないものをみる」という日本人特有の感性や深い知恵を呼び覚ますこととなりましたら幸いです。

主催:株式会社 資生堂
■会期:2017年8月29日(火)~10月22日(日)
■会場:資生堂ギャラリー 入場無料 〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階 TEL. 03-3572-3901  . 03-3572-3951 平日 11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00 毎週月曜休 
■ウェブサイト http://www.shiseidogroup.jp/gallery 

2017mecenat-mark_yoko2.png

 「This is MECENAT 2017」認定活動 

ページのトップへ戻る