あなたは今をときめく、日本で注目の建築家に家を建ててもらいたいと思ったことはありますか?
厳しい制約や難しい条件のもとでも、必ず答えをかたちにしてくれるのが建築家。しかもユニークで新鮮な造形のなかには、日本ならではの感性と住まいの伝統が息づき、あたなの理想の生活を実現させてくれるでしょう―そんなメッセージをひそませて、パリやブリュッセル、アムステルダムなどの各都市でヨーロッパの人々を驚かせた、注目の展覧会の巡回帰国展です。
企画を実現させたのは写真家のジェレミ・ステラに加え、建築家のヴェロニック・ウルスとファビアン・モデュイ、日本在住30年のマニュエル・タルディッツの4人のフランス人。彼らは日本の近現代の住宅建築から優れた作品を複眼的な視点で独自に選定し、提示しました。
戦後社会の成長の一翼を担ってきた日本の住宅建築―この展覧会は多数の魅力的な写真や映像、ドローイング、スケッチ、模型を展示し、それら歴史的な名作住宅から最近の秀作まで約70作品をご紹介します。またゲストアーティストに坂口恭平が加わり、彼の頭の中に建ち拡がる街と家のイメージを、極細ペンで表したドローイングが展示されます。
日本、家の列島ここには、家の数だけ新しい生活と幸せがあります。ぜひごらんください。

■ウェブサイト http://panasonic.co.jp/es/museum/
■会期 2017年4月8日(土)~6月25日(日)
■会場 パナソニック 汐留ミュージアム
〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
■入館料 一般 800円、65歳以上 700円、大学生 600円、中・高校生 200円、小学生以下無料*20名以上の団体は100円割引、5月18日(木)国際博物館の日は、すべての方が無料です

ページのトップへ戻る