公益社団法人 企業メセナ協議会

企業メセナ協議会とは

政策提言活動

企業メセナ協議会では、これまでに蓄積した情報とナレッジをいかし、芸術文化支援・文化政策に関する政策提言活動を行っています。企業・非営利両セクターの声を反映し、特定分野の利害関係にとらわれない中立な立場からの提言として、注目を集めています。

最新の政策提言

2014年4月10日
「ニュー・コンパクト」の継承発展 文化による社会創造、2020 年に向けた取り組み 

2014年4月10日に開催された「企業メセナ協議会 新体制発足に伴う記者懇談会」において、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を視野に入れた、日本各地でのメセナのいっそうの強化による地域経済・社会の再生と、国際的なネットワークづくりに向けた取り組みに関する提言を発表しました。

このなかで新たな社会創造ファンドの立ち上げに言及し、一過性ではなく20年以降も続く文化や社会創造の基盤整備を重要視。 また、数値目標として、企業セクターによるメセナ活動費総額を現在の811億円超から2016年に1000億円超とすることを掲げました。

尾﨑理事長と下村文科大臣の会談(2014.8.26)

これまでの政策提言活動実績

2014.4/10 新体制発足に伴い、「ニュー・コンパクト」の継承発展 文化による社会創造、2020 年に向けた取り組み 」を発表
English version: Succession and Development of “New Compact” Cultural Creation of a Society ~ Approaches to the Year of 2020
2013.7/1 【公開質問状への回答】「協議会3.11.メッセージ」と各党の文化政策について
2013.3/11 企業メセナ協議会からのメッセージ・2013「文化と経済の両輪による社会創造を―地域文化の多様性こそが震災復興の礎―」 を発表。
2012.3/9 東日本大震災後の社会構築に関する提言「ニュー・コンパクトver.2~文化による地域コミュニティー再生策~」を発表。
2011.6/9 芸術文化振興基金「文化芸術活動への助成に係る新たな審査・評価等の仕組みの在り方について(報告書案)」に関する意見募集へ意見を提出
2010.7/9 文化審議会文化政策部会「審議経過報告」への意見募集(文化庁)へ意見を提出
2009.12/25 鳩山総理大臣との懇談会にて、文化政策に関し提言
2009.12/16 文部科学政策会議にて文化政策に関する提言および意見交換
2009.11/18 行政刷新会議事業仕分け対象事業についての意見募集(文部科学省)へ意見を提出FN_文化による社会創造、2020年に向けた取り組み20140414.pdf
2009.10/16 文部科学省による税制改正要望一般公募へ意見を提出
2009.6 主要政党へ「ニュー・コンパクト」および文化政策に関する公開質問状
2009.3/16 社会創造のための緊急提言 「ニュー・コンパクト~文化振興による地域コミュニティ再生策~」の発表
2008.3/31 「公益認定等ガイドライン案」等への意見を提出
2007.6/3 「日本の芸術文化振興について、10の提言」を発表
2007.3/31 「公益法人制度改革に関する3つの提言」を発表
2001.7 「芸術文化のための提言―変革の時代にこそ、創造力の活用を―」および「企業メセナ協議会の提言~次なる10年に向けて【メセナ"pARTner"計画】企業・芸術・社会/創造との対話、メセナへの参加/パトロンからパートナーへ」を発表

 

▲ ページトップへ戻る