弦楽四重奏と真摯に向き合う優れた日本人グループが、話題のゲスト・アーティストと共演する中で、互いに触発し合い深化していく音楽を聴く、紀尾井ホールの室内楽シリーズです。第2弾は、まもなく結成25年目を迎え、わが国を代表する弦楽四重奏として活動するクァルテット・エクセルシオが登場します。プログラムの前半はシューベルトの弦楽四重奏曲「死と乙女」を。後半は目覚ましい活躍を見せる柳瀬省太、ソロや室内楽で高い評価を受けるチェロの宮田大が“プラス”し、内声楽器の抒情溢れるメロディーが胸を打つ、ブラームスの弦楽六重奏曲を演奏します。四重奏と六重奏が放つ、シューベルトとブラームスの濃厚なロマンティシズムをお聴きください。

■会場 紀尾井ホール 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6番5号
■日時 2018年1月18日(木)19:00開演
■出演 クァルテット・エクセルシオ(弦楽四重奏)、柳瀬省太(ヴィオラ)、宮田大(チェロ)
■曲目 シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」、ブラームス:弦楽六重奏曲第1番変ロ長調
■料金 S席5,000円 A席3,000円 学生A席2,000円 ペアS席9,000円
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
■チケット購入 
紀尾井ホールウェブチケット http://www.kioi-hall.or.jp/
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061 (10時~18時/日・祝休)
■ウェブサイト http://www.kioi-hall.or.jp/20180118k1900.html

ページのトップへ戻る