抽象絵画の創始者ヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)と、20世紀フランス最大の宗教画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。本展は、色とかたちを軸として、カンディンスキーを中心とするドイツ表現主義とルオーが共鳴するさまを探る初の試みです。カンディンスキーは、「内的必然性」に導かれて描き、ルオーもまた彼自身の内なる光に従って描いた画家でした。彼らと、ドイツ表現主義の画家たち、そして独自の抽象表現を確立するクレーらが挑んだ、色の冒険の軌跡を3章に分けてたどります。国内有数のカンディンスキーやクレー、表現主義絵画のコレクションを誇る宮城県美術館の作品を中心に、パリのルオー財団や国内の美術館などから、油彩画を中心に水彩画、版画、デッサン、書籍など、貴重な作品約130点が出品されます。

■会期:2017年10月17日(火)~12月20日(水)
■時間 :10:00~18:00(最終入場は 17:30まで)
■休館日:水曜日(ただし、12/6、13、20は開館)
■会場 :パナソニック 汐留ミュージアム 〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
■入館料:一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中・高校生 500円、小学生以下無料 *20名以上の団体は100円割引
■ウェブサイト http://panasonic.co.jp/es/museum/

ページのトップへ戻る