京都にある醍醐寺は、真言密教の拠点として、古くから歴史の表舞台で重要な役割を果たしてきた名刹です。今回の展覧会では国宝・重要文化財に指定された仏像や仏画を中心に、普段は公開されない貴重な史料・書跡を通じて、平安時代から近世にいたる醍醐寺の変遷を辿ります。また安土桃山時代に豊臣秀吉が行った「醍醐の花見」に関する品々や、三宝院の襖絵など、醍醐寺をめぐる華やかな近世美術も鑑賞できる貴重な機会となります。

■展覧会名:京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―
■会期:2018年9月19日(水)~11月11日(日)
 10:00~18:00(金・土および9月23日、10月7日は20:00まで)
 休館日:火曜日 (11/6は18:00まで開館)
■会場:サントリー美術館
■入館料:大人1,500円、大学・高校生1,000円

ページのトップへ戻る