「この先つくりもん作品があります」看板と木下直之

2000年に東京大学大学院に設立された文化資源学研究室に招かれ、20年近くにわたって研究を率いてきた木下直之。その研究の軌跡をたどる、木下直之を全ぶ集めた展覧会を開催いたします。

木下は1980年に兵庫県立近代美術館学芸員として研究をスタートさせ、「日本美術の19世紀」(1990年)、「描かれた歴史」(1993年)などの展覧会を企画担当したのち、東京大学総合研究博物館に移り、そこでも「博士の肖像」(1998年)、「ニュースの誕生」(1999年)などのユニークな展覧会を実現させました。

文化資源学研究室では、近代の日本美術を主要な関心としつつも、写真や建築、記念碑や銅像、祭礼や開帳など、美術に隣接するものへと関心を大きく広げ、最初の著書『美術という見世物』(1993年)にいう「見世物」をキーワードに、世の途中から隠されてしまったもの、忘れられたもの、消えゆくもの、その場かぎりのものに目を向けてきました。その眼差しは、それらを生み出す背景、文明開化・度重なる戦争・戦後復興・高度経済成長など社会や国家の有り様にも届いています。

この展覧会は、木下がこれまでに書いた 12 冊の本を全集に見立て、「本物とにせもの」、「作品とつくりもの」、「建築と建物」、「都市とモニュメント」、「ヌードとはだか」など、ものごとの境界線をたどり直します。本を1冊ずつめくるように、展覧会という見世物小屋に足を踏み入れてみてください。近くても遠い場所へとみなさまを連れ出します。

またこれに先立ち、ギャラリーエークワッド HP 特設サイトにて、2017年12月よりWeb 版「木下直之を全ぶ集める」展を開催中です。

■会期:
 2018年12月7日(金)~2019年2月28日(木)
 10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)

■休館日:
 日曜・祝日
 12月15日(土)…全館停電のため臨時休館
 12月28日(金)~1月6日(日)
 ※12月22日(土)も臨時休館の可能性があるため詳細は公式サイトでご確認下さい。

■会場:
 ギャラリー エー クワッド(東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店本店1F)

■入場料:無料

■主催:
 公益財団法人ギャラリー エー クワッド

■協力:
 吉德資料室、川添裕コレクション、神田神社、アーツ千代田 3331、名古屋市博物館、兵庫県立歴史博物館

■関連イベント:
 トークショー
  日 時 : 2018年12月21日(金)18:30 ~20:00
  会 場 : 竹中工務店東京本店2階Aホール(東京都江東区新砂1–1–1)
  講 師 : 木下直之(東京大学大学院 教授)
  定 員 : 100名 要事前申込(先着順)
  参加費 : 無料

 対談
  日 時 : 2019年1月23 日(水) 18:30 ~ 20:00
  会 場 : 竹中工務店東京本店2階Aホール(東京都江東区新砂1–1–1)
  講 師 : 藤森照信(建築史家、建築家)、木下直之(東京大学大学院 教授)
  定 員 : 100名 要事前申込(先着順)
  参加費 : 無料

※ 上記イベントはギャラリーエークワッド公式サイトの申し込みフォームよりお申し込みください。
その他のイベントなどについては、詳細が決まり次第、公式サイトでお知らせいたします。

■お問い合わせ先:
 ギャラリー エー クワッド事務局 03-6660-6011

ページのトップへ戻る