チラシはこちら(PDF)

上原美術館ではジャンルが異なる近代絵画と仏教美術の美術品を同時にご覧いただけます。

近代館では「春をおもう -東洋と西洋、それぞれの春-」を開催します。
梅の花が慎ましやかに開くころ、雪に覆われた静寂な世界に鮮やかな色彩が広がっていきます。
活気あふれる豊かな季節への変化を、細やかに見つめた東洋と西洋の画家たちの春へのおもい、そして、絵画に隠された春の予感を存分にお楽しみください。

仏教館では「下田の古刹-太梅寺の寺宝」を開催します。
太梅寺(たいばいじ)は下田の山間に建つ歴史の古い寺院。
本展では、下田市指定文化財となる古文書のほか、南北朝時代に造られた地蔵菩薩坐像や幕末に描かれた涅槃図などから、伊豆下田の歴史の一端をを解き明かしていきます。

■開催期間: 2018年12月15日(土)〜2019年3月31日(日)
■開館時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)
■休館日 : 展覧会会期中は無休
■入館料 : 大人1,000円/学生500円/高校生以下無料
               団体10名以上10%割引
■会場  : 上原美術館 仏教館 近代館
       〒413-0715 静岡県下田市宇土金341
■SNS:TwitterFacebook

2018mecenat-mark_yoko2.jpgのサムネイル画像

「This is MECENAT 2018」認定活動

ページのトップへ戻る