イームズハウス

今でも世界の名建築の一つとして取り上げられる「イームズハウス」は、チャールズ・イームズとレイ・イームズ夫妻の住宅兼スタジオです。イームズハウスは、戦後需要が増大した住宅の大量供給のモデルを提案するためにアメリカの建築雑誌『arts & architecture』が1945年から1966年にかけて掲載したケース・スタディ・ハウス36件の中の8番目としてイームズ夫妻が設計し、1949年に完成しました。

イームズ夫妻が生涯暮らしたこの住宅は、2011年より、モダニズム建築保存の意義を継承するゲティ保存修復研究所の協力を受け、「250年プロジェクト」という名称で、イームズのデザイン思想を後世へ伝えるため、長期的な保存改修計画がつくられ、2014年にその第一ステージが完了しています。本展では、この20 世紀の名作住宅の一つであるイームズハウスのデザイン思想を読み解くと同時に、イームズ夫妻がイサム・ノグチ等を介して日本のデザイン界と交流し、相互に影響し合ったエピソードなども紹介します。

 “DESIGN FOR LIVING”とは、使う側の身になって考える、というイームズ夫妻のデザインに於ける一貫した思想です。デザインは、より良い世界をつくるためにある、という考え方に基づき、単に斬新なスタイルという観点ではなく、機能性や合理性に適ったデザインを根気強く、また丹念に追求しました。その過程は、イームズハウスの初期の案であるブリッジハウスからイームズハウスに至る設計の過程で並行して進められていた、椅子のデザインにおける開発の軌跡にも見てとることができます。

イームズハウスの建築デザインとそこに込められた考え方は今でも色あせず、世界に影響を与え続けています。日本では、1950年代初頭にイームズデザインが紹介され、デザイン界に大きな影響を与えました。イームズハウスを訪問した日本の文化人も多く、当時、日本のデザイン界をリードしていた剣持勇が『工芸ニュース』に寄稿した文章からは、魂を震撼させるような衝撃を受けた様子が見てとれます。一方、イームズ夫妻も、日本の伝統文化に触れデザインに取り入れた痕跡がイームズハウスに見られます。

本展では、類い稀な才能に恵まれた二人のデザイナーが対等のパートナーとして向き合い、理念を共有し、感性を補完しあいながら創り上げたデザインの軌跡を辿ることによって、そこにある現代性と未来につながる普遍的な価値を見つめたいと思います。

■EAMES HOUSE: DESIGN FOR LIVING イームズハウス:より良い暮らしを実現するデザイン
■会期:2019年3月19日(火)~2019年5月30日(木)
    10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
■休館日:日曜・祝日
■会場:ギャラリー エー クワッド(東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店本店1F)
■入場料:無料
■主催:公益財団法人竹中育英会
■企画/共催:公益財団法人ギャラリー エー クワッド
■協力:
イームズ財団、イームズ・オフィス、アメリカ議会図書館、ゲティ保存修復研究所、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、剣持デザイン研究所、一般財団法人 今日庵 茶道総合資料館、清家篤、八木幸二、押垂勝久
■関連イベント:
 ・対談「イームズハウスの魅力を語る」
   日 時 : 2019年3月28日(木)18:30 - 20:00
   会 場 : 竹中工務店東京本店1階 Wi²(ワイスクエア)(東京都江東区新砂1–1–1)
   講 師 : 岸和郎(建築家)、 植田実(編集者)
   定 員 : 100名 要事前申込(先着順)
   参加費 : 無料

 ・シンポジウム「チャールズ&レイ・イームズが残したもの」
   日 時 : 2019年5月10日(金) 18:30 - 20:00
   会 場 : 竹中工務店東京本店2階Aホール(東京都江東区新砂1–1–1)
   講 師 : イームズ・デメトリアス
        (イームズオフィスディレクター、イームズ財団理事長)
        ルシア・デューイ・アトウッド
        (イームズ財団250年プロジェクト担当ディレクター、イームズ財団及びイームズオフィス理事)
   定 員 : 100名 要事前申込(先着順)
   参加費 : 無料

 ・イームズ映像作品 鑑賞会
   イームズ・オフィス制作の映像作品を鑑賞します(解説付き)。
   日 時 : 2019年4月予定

 ・ワークショップ「ハウス・オブ・カードでオリジナルのお家をつくろう!」
   イームズ考案のハウス・オブ・カードを使ってお家を組み立てる子ども向けワークショップ。
   日 時 : 2019年5月予定

※ 上記イベントはギャラリーエークワッド公式サイトの申し込みフォームよりお申し込みください。その他のイベントなどについては、詳細が決まり次第、公式サイトでお知らせいたします。

■お問い合わせ先:ギャラリー エー クワッド事務局 03-6660-6011
■公式HP:http://www.a-quad.jp/index.html

ページのトップへ戻る