平家の栄華と没落を描いた軍記物語「平家物語」は題材として他の音楽にも影響を与えました。
第一回「高倉天皇と小督」では、8歳で即位し21歳で亡くなった後白河天皇第7皇子の高倉天皇と、その寵姫となる美貌で箏の名手の小督との悲恋のお話を舞台とした音楽をお届けします。

■公演名:音楽でつづる文学 1 平家物語―高倉天皇と小督―
■会場:紀尾井ホール
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6番5号
■日時:2019年5月20日(月) 18:30~
■出演:菊央雄司、田中奈央一、日吉章吾(平家琵琶・箏)、山登松和(箏)、上原真佐輝(三弦)、野川美穂子(解説)
■曲目:平家 「祇園精舎」「紅葉」「小督」より 、箏曲「嵯峨の秋」 、山田流箏曲「小督曲」 、解説「『平家物語』に描かれる高倉天皇と小督 」
■料金:全席指定 4,000円 U29 2,000円
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※U29は公演当日に29歳以下の方にご利用いただけます。紀尾井ホールウェブチケットのみで取り扱います。
■チケット購入:紀尾井ホールウェブチケット
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061 (10時~18時/日・祝休)
■主催:公益財団法人日本製鉄文化財団

ページのトップへ戻る