結成から僅か2年後の2008年、難関で知られるミュンヘンARD国際コンクールで第1位に輝いたアポロン・ミューザゲート四重奏団(この時の第3位がクァルテット・プラスでもお馴染みのウェールズ弦楽四重奏団)。2012年に1度来日していますが、今回が彼らの本格的な日本デビューとなります。ミュンヘンの栄光から10年の活動を経て、アンサンブルはより自在に、音楽はさらに深みを増しています。シューベルトの最初と最後の四重奏曲に、お国もののペンデレツキというプログラムにもご注目ください。

■公演名:クァルテットの饗宴2019 アポロン・ミューザゲート弦楽四重奏団
■会場:紀尾井ホール
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6番5号
■日時:2019年6月7日(金) 19:00~
■出演:アポロン・ミューザゲート弦楽四重奏団
■曲目:シューベルト:弦楽四重奏曲第1番ト短調(変ロ長調)D18、ペンデレツキ:弦楽四重奏曲第3番《書かれなかった日記のページ》、シューベルト:弦楽四重奏曲第15番ト長調 Op.post.161, D887
■料金:S:5,500円 A:3,500円 U29 A:2,000円
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※U29は公演当日に29歳以下の方にご利用いただけます。紀尾井ホールウェブチケットのみで取り扱います。
■チケット購入:紀尾井ホールウェブチケット
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061 (10時~18時/日・祝休)
■主催:公益財団法人日本製鉄文化財団
■後援:駐日ポーランド共和国大使館/ポーランド広報文化センター

ページのトップへ戻る