チラシはこちら(PDF)

2017年2月に開催した、フォルテピアノによるブラウティハムのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ」。その第2回が早くも実現します。プログラムは、ハイドンとベートーヴェンのソナタ2曲ずつ。ハイドンは変ホ長調の作品で、ベートーヴェンの《英雄》交響曲やピアノ協奏曲第5番《皇帝》へと繋がる意気軒昂な調性。一方ベートーヴェンは、変ホ長調と親和性が強いハ長調。名手によるピリオド楽器の《ワルトシュタイン》は、現代のピアノとは、ひと味もふた味も違う新鮮な表現になるでしょう。

■公演名:ロナルド・ブラウティハム(フォルテピアノ) ―ワルトシュタインを弾く
■日時:2019年5月15日(水) 19:00開演
■出演:ロナルド・ブラウティハム(フォルテピアノ)
■曲目:
ハイドン:ピアノ・ソナタ第49番 変ホ長調 Hob.XVI-49
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第3番 ハ長調 Op.2-3
ハイドン:ピアノ・ソナタ第52番 変ホ長調 Hob.XVI-52
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 Op.53《ワルトシュタイン》

■会場:トッパンホール
■チケット:6,000円/学生3,000円(全席指定)
■主催:トッパンホール
■特別協賛:鹿島建設株式会社

ページのトップへ戻る