スペイン・カタルーニャ自治州の州都バルセロナで生まれたジョアン・ミロ(1893-1983)は、同地のガリ美術学校に入学して、印象派やフォーヴィスム、キュビスムの作品に接しました。故郷の自然を背景に、鳥、女性、星などをモチーフに作品を制作し独自の境地をひらきます。90歳で生涯を終えるまで奔放な表現の世界を探求しつづけ、20世紀を代表する作家となりました。
画家としてひろく知られるミロですが、絵画ばかりでなく、さまざまな分野で精力的に活躍しました。1944年以降、彫刻を積極的に手がけ、すぐれた作品を数多く生みだしています。
本展では当館所蔵の彫刻作品14点を一挙に公開し、絵画作品も加え、「鳥」、「女性」、「人物」などとりわけ作家が好んだ主題について掘り下げながら、いきいきとしたミロの芸術の魅力をご紹介いたします。
 

■展覧会名 アサヒビール大山崎山荘美術館「ジョアン・ミロ -夏のコレクション展」
■会期   2019年6月22日(土)-2019年9月1日(日) ※月曜休館日
■会場   アサヒビール大山崎山荘美術館
■時間   10:00-17:00 (最終入館 16:30)
■料金   一般900円(団体:800円)、高・大学生500円(団体:400円)、
      中学生以下無料、障害者手帳をお持ちの方300円

 
 
2018mecenat-mark_yoko2.jpgのサムネイル画像

「This is MECENAT 2018」認定活動

ページのトップへ戻る