ウェールズ弦楽四重奏団 (C)Satoshi Oono

2008年ミュンヘン国際音楽コンクール第3位入賞、2016年に結成10周年を迎え、ますます今後の活躍が期待されるウェールズ弦楽四重奏団。
シューベルトの後期作品を核としたシリーズを進行中。今回は、いよいよ「死と乙女」を取り上げます。ウェールズならではの繊細で緻密な演奏を、ぜひお楽しみください。

■日時:2017年10月29日(日)14:00開演
■出演:ウェールズ弦楽四重奏団[﨑谷直人/三原久遠(ヴァイオリン)、横溝耕一(ヴィオラ)、富岡廉太郎(チェロ)]
■演奏プログラム:ハイドン::弦楽四重奏曲 第41番 ト長調 Op.33-5 Hob.III-41、ベルク::弦楽四重奏曲 Op.3、シューベルト::弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 D810 「死と乙女」
■会場:第一生命ホール(晴海トリトンスクエア内)都営大江戸線勝どき駅A2a出口より徒歩8分
■入場料(全席指定・税込):一般¥4,000 シニア¥3,500(60歳以上) ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)
■チケットのご予約/お問い合わせ:トリトンアーツ・チケットデスク TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)
■ウェブサイト http://www.triton-arts.net/ja/concert/2017/10/29/2320/

2017mecenat-mark_yoko2.png

 「This is MECENAT 2017」認定活動 

ページのトップへ戻る