第6回 メセナ美術部

「鈴木理策写真展 意識の流れ」ギャラリーツアー

 企業や企業財団が運営するギャラリー・美術館・博物館などに所属する現場担当者のためのオープンカフェ(縁側)として活動中の「メセナ美術部」。
 今回は東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の「鈴木理策写真展 意識の流れ」会場にて、日本の現代写真界をリードする作家の最新作を、ご本人の解説のもと観賞します。
◇日時:2015年9月4日(金) 17:00~
◇訪問先: 東京オペラシティ アートギャラリー「鈴木理策写真展 意識の流れ」
http://www.operacity.jp/ag/exh178/
◇プログラム:
1)17:10〜18:30 ギャラリーツアー
 鈴木理策さんご本人の解説のもと、展覧会会場を見学します。
2)19:00〜 懇親会
 参加者同士のカジュアルな懇親会です。ぜひご参加ください。
◇定員:20名
◇参加費:無料 *展覧会入場券(1,200円)と懇親会の費用は各自のご負担となります。
◇ 展覧会について:
 2007年に東京都写真美術館で開催された個展「熊野、雪、桜」から約8年。鈴木理策はライフワークともいえる熊野での撮影を継続し、雪、桜のシリーズも制作を続けてきました。本展はこれらの新作・近作に、新シリーズ「水鏡」「Étude」を加え構成されています。
 近年、鈴木は「『見るということ』そのものを提示したい」と語っているように、写真の特性と視覚の問題に関心を向けています。「何が写っているか」を示すだけでなく、「見るという経験とは何か」を問いかける装置として写真をとらえ、写真表現の可能性に向かう鈴木の作品は、私たちに清新な視覚体験をもたらしてくれるにちがいありません。
◇「メセナ美術部」とは
 ギャラリーや美術館等、美術関連施設をもった会員企業の担当者が集い、社を越えて、フラットに個人個人が立ち寄れる、ゆるやかな場ができればとスタート。担当者同士の情報交換や広報の広がり、協働ワーク、新たな知見の獲得を模索する。非会員企業の方の参加も歓迎。
◇お申込み:メールでmecenat@mecenat.or.jp 宛 に下記内容をお知らせください。
———————————————————————
*タイトル「第6回メセナ美術部申し込み」
1)ご所属(企業・財団または施設:ギャラリー・美術館・博物館)
2)お役職
3)お名前
4)Email
5) 懇親会参加の可否
6)参加の動機など
———————————————————————
◇お問合せ
企業メセナ協議会 担当:伊藤・佐藤
arrow_drop_up