2015年より協議会で実施している「ASEAN諸国における企業メセナの促進とネットワーク構築に向けた調査・協議」(助成:国際交流基金アジアセンター)。本年は、この3年間交流を深めたASEAN文化団体へのインタビュー・コラムや、視察レポートを連載しています。これまでの連載はこちらからお読みいただけます。
 
Vol9_01.jpg
視察で案内してくれた桑原陽子氏(アジアコミュニケーション・アシスタントマネージャー)と共に(中央)
With Ms. Yoko Kuwahara, Assistant Manager in Asia Communication (Centre)
 
シンガポールメセナ視察ツアー 概要はこちら
アセアン諸国における企業メセナの促進と、各国をつなぐプラットフォーム形成を目指した国際交流プロジェクトの最終年度としてシンガポール視察ツアーを実施しました。シンガポールを拠点としている多国籍企業が、現地の地域やコミュニティのために芸術文化支援を行っている先進的事例を視察し、意見交換を行いました。
 
Singapore Tour Outline
We conducted a Singapore tour as the final year of KMK’s (Kigyo Mecenat Kyogikai: Association for Corporate Support of the Arts) 3-year project, we have organized the continuous series of implementing research, mutual exchanges and conferences in collaboration with Southeast Asian countries, since early 2015 called ‘Research and Conference in Facilitating Corporate Mecenat Activities and Establishing a Network in ASEAN Countries'.
------------------------------------------------------------------------------------
マリーナ・ベイ・サンズ 
2010年に開業した、シンガポールのマリーナ・ベイに面した総合リゾートホテル。土地を含め総工費80億シンガポールドルで建設され、タワー1、2、3と3つの超高層ビル(最高部で高さ200m、57階建て)を屋上で連結した構造。ラスベガスのカジノリゾート運営会社・ラスベガス・サンズによって開発され、世界最大のカジノを中心に、2,561室のホテル、12万平方メートルのコンベンションセンター、7万4千平方メートルのショッピングモール、美術館、シアター、グラスパビリオンなどを含んだ複合リゾートとなっている。設計はモシェ・サフディ。
Marina Bay Sands
Opened in 2010, it is an integrated resort fronting Marina Bay in Singapore, that was billed as the world's most expensive standalone casino property at S$8 billion, including the land cost. The resort, originally developed by Las Vegas Sands, includes a 2,561-room hotel, a 120,000-square-metre (1,300,000 sq ft) convention-exhibition centre, the 74,000 m2 (800,000 sq ft) The Shoppes at Marina Bay Sands mall, a museum, two large theatres, "celebrity chef" restaurants, two floating Crystal Pavilions, a skating rink, and the world's largest atrium casino. Designed by Moshe Safdie. 
 
*インタビュー対応者 | Interviewees
タスニーム・ジャバラリ(エグゼクティブ、CSR部門)
Ms. Tasneem Djabarali (Executive, CSR Department)
 
------------------------------------------------------------------------------------
 
マリーナ・ベイ・サンズについて
 
タスニーム・ジャバラリ(エグゼクティブ、CSR部門):ご承知のとおり、ここマリーナベイサンズは2010年4月にオープンし、2561室の客室をもつ、シンガポール最大のホテルで、客室は55階の3つの塔に広がっており、地上250mの57階の塔の上には有名なインフィニティプールがあります。
Ms. Tasneem Djabarali (Executive, CSR Department): I am sure you all know we opened in April 2010, and the hotel has 2561 rooms, which makes us the largest hotel in Singapore. Hotel rooms are spread across three towers, 55th floor and we have famous infinity pool here on the top of the tower on the 57th floor, which is 250 m above the ground. 
 
ここにあるすべての施設はマリーナベイサンズに属しており、アートサイエンスミュージアムもあります。ホテルタワー、アートサイエンスミュージアム、店舗、劇場、コンベンションセンターなどがあります。反対側の庭園は私たちのものではありません。
All different properties here belong to Marina Bay Sands, as a part of our property, we also have Arts Science Museum as well. We have hotel towers, Arts Science Museum, white rotaship building, whole shops, theatres and conventions center etc. Gardens by the Bay on the other side is not ours. 
 
アート・サイエンス・ミュージアムは、芸術と科学の要素を融合させた世界で初めての博物館です。例えば、NASAの科学者たちはここでいくつかの展覧会を行いました。また、常設のギャラリー‘フューチャーワールド’を持っています。これはインタラクティブな展示会で、来場者が参加できるものがたくさんあります。色を付けることができたり、スキャンして生き生きと動かしたりできるアトラクションもあります。家族連れや特に子供に非常に人気があります。
So Art Science Museum is the world first museum that combines the elements of arts and science together. Exhibitions we are bringing in are related to those elements. So we have NASA- scientists brought some exhibitions here. We have our permanent gallery, future world. This is the interactive exhibition- so there are lots of displays where guests can go in and participate in- they can colour something or you can scan it to come it alive, etc. So it is very popular for families, especially for children. 
 
Vol9_02.jpg
ホテルの屋上からみた景色とアートサイエンス博物館(白い建物)
View from Skypark and ArtScience Museum (white building)
 
Vol9_03.jpg
日本のチームラボやパナソニックと協働した展示future world
Exhibition Future World where TeamLab and Panasonic from Japan co-worked together.
 
また、9500人以上のスタッフが100の異なる部門に勤務しており、50以上の国籍を持つ人が働いています。
And as background of the hotel, we have over 9500 staff working 100 different departments. And they come from all over the world to work here, so we have over 50 nationalities working. 
 
反対側の建物には、サンズ・エクスポート・コンベンション・センターがあり、ここでは大きな展示会やショーなどが行われています。多くの人々がマリーナベイサンズで独自のショーを開催しています。そのため、多くのセレブリティがここを訪れ、ここに泊まり、買い物や食事をします。私たちには、170以上のラグジュアリーブランド店や、セレブリティ・シェフレストランを含む80の飲食店があります。
So other side of our property, we have Sands Export Convention Center, so that’s where we all have big exhibitions and shows. Many of them chose to have their own shows in Singapore at Marina Bay Sands. That also brings a lot of delegates as well, eventually stay with us and shop with us and dine with us. And we have various shops more than 170 luxury brands, and 80 eating/dining options including our celebrity chef restaurants.
 
 
マリーナ・ベイ・サンズの CSR、芸術文化活動
 
当社のCSRプログラムは「Sands for Singapore」と呼ばれており、シンガポール人をさまざまな形で支援することを約束しています。シンガポールの青少年、教育、芸術を支援することが目的です。
Our CSR program is called ‘Sands for Singapore’. And it is committed to help Singaporeans in many different ways, and our remit is to help the youth, education and arts in Singapore.
 
Vol9_04.jpg
左奥:タスニーム・ジャバラリさん(エグゼクティブ、コミュニケーションズ)からCSR活動について紹介
Introduction of CSR activities by Ms. Tasneem Djabarali 
 
たとえば、トレーニングプログラムを提供し、キャリアアドバイスを提供し、さまざまなホスピタリティについて若者に教育するプログラムも展開しています。特にシンガポールでは、ホスピタリティ業界やホテルのシーンで働きたい人はあまり多くはないので、この分野での雇用水準の向上にも役立ちます。最後に、マリーナベイサンズのユニークな側面を効果的に活用するため、チームメンバーとスタッフ、エンターテインメントの分野など、さまざまなことがいつも連続性をもって行われています。私たちは、政府の政策や目標に沿った活動をしており、例えば、シンガポールの青少年教育や貧困層の改善などがそうです。
For example, we provide training programs, we provide career advices, and we expose them to different hospitality elements. Because especially in Singapore, not many people want to work in hospitality industry or hotel scene, so we know in this way, maybe we can help to improve the employment levels of this sector in the future as well. And lastly, we want to effect and leverage the unique aspects of Marina Bay Sands, so we are such a big property, we have so many team members and staff, different entertainment options, different things going on all the time, so we are leveraging this more. We align with the government’s objectives such as education in youth in Singapore, and moving and elevating the poverty to better level.
 
私たちにはたくさんのショーを行っている劇場や、展覧会を行うアート・サイエンス・ミュージアムもあります。したがって、これらの2箇所は芸術を活用して社会に還元する2つの場所です。シンガポールにはたくさんのフェスティバルもあります。ひとつは毎年3月と4月に開催されるアイライトフェスティバルがあります。このフェスティバルでは博物館を利用しています。地域のアーティストの展示も例の一つです。私たちはシンガポールのアートシーンを大いに支えています。そのため、シンガポールの人々にアートをより身近に感じさせることを目的とした「ナショナル・アーツ・トラスト」(National Arts Trust)に貢献しています。彼らは実際にホテルのウォークエリアに沿っていくつかのアート作品を展示しました。
We have a theatre where we bring many shows, and we have Arts Science Museum which do exhibitions. So these are two venues we leverage arts as well to give back. So some examples are, in Arts Science Museum, because there are many festivals in Singapore, we have eye light festival, which takes sometime in March and April every year, so we let them use the museum for festival outside, so they do projections and exhibitions of the area, so that is one of the examples. We are also heavy supporters of arts scene in Singapore, so we have contributed to the national Arts Trust, which aims to bring arts more accessible to local Singaporeans. So they have actually displayed some art pieces along Marina Bay daubery walk area. 
 
Vol9_05.jpg
ホテルのデッキにあるアート作品
An art work located in the deck of the hotel
 
作品はマリーナベイサンズ内のエリアに位置しています。また企業が寄付をし、多くの芸術作品に寄与しています。マリーナベイサンズが建てられた際に、建物自体を芸術と融合させるべく、この建築物自体に多くの芸術作品が織り込まれました。そのため、マリーナ・ベイ・サンズ・アートパスがあります。非常によく融合されているので、それが芸術作品であることを認識しないこともあります。指摘されなければわからないようになっていたりもするのです。例えば、建物の外のデッキのように、金属の平面がありますが、教えられなければそれはアート作品とは見えません。
They are located in just behind the escort area. Corporations donate, then there are a lot of art pieces. Another things in terms of arts, when Marina Bay Sands was built, architecture of the building incorporated many art pieces by artists, so we have Marina Bay Sands Art Path, which have about 12 pieces around the property. So sometimes when you walk pass, you wouldn’t realize that is an art work, because it is very well integrated. Like the outside of building (fasart), there is a metal flat which is unless you are told, you cannot see it is an art piece. 
 
――そういう作り方をすると政府から何か優遇をうけることができるのでしょうか?
Q: If you build or create in such a way, do you receive any benefits from the government?
 
Vol9_06.jpg
社員施設にかざってあるCSR活動の紹介パネル
CSR activities on a panel board inside the employees’ floor
 
タスニーム:政府からという観点からいえば、特別な利益はありません。これらの活動は芸術と若者をサポートするために、私たちマリーナベイサンズが当初から信念としているものです。例えば、アート・アウトリーチ・シンガポールと呼ばれる地元の慈善団体(当社の指定慈善団体の1つ)と協力して、学生を私たちの建物内にあるアートパスに連れて行きます。例えば、この作品の背後にある哲学は何だろうか?などと考える機会を与えるのです。そうすることで、マリーナベイサンズでは幼い子供たちが芸術にもっと触れられるような環境になっているのです。
Tasneem: Government-wise, not really. Not specific advantage. It is something that we believe in from the beginning to support the arts and youth. So even for this, we work with local charity (one of our designated charities) called Art Outreach Singapore, so they bring students to our property, our Art Path. So they bring them to different Art Path to let them know about art work- what is about, what is the philosophy behind them. So it is making more accessible to young children here.  
 
 
芸術を活用した社会貢献
 
では、今度は私たちマリーナベイサンズが、特に芸術をいかに活用し、社会貢献活動を行っているかをご紹介したいと思います。ここではエンターテイメントイベントがたくさんあるので、有名人やスターが沢山訪れます。それを生かしたプログラムのひとつが‘イン・カンバゼーション(会話で)’というものです。例えば有名な映画ディレクター、俳優、歌手がここに訪れた際に、地元の若者を呼んで、何がきっかけで今の職業を目指そうと思ったのか、彼らが直面している難しさ、彼らがどのような努力をしてきたのか、など話してもらうプログラムを展開しています。
Tasneem: Now I would like to introduce you how we leverage on our property, especially with the arts. Because we have a lot of entertainment events happening here, so like celebrities and stars are coming. So one thing we do is called ‘In Conversation with’. Meaning is that, for example, famous directors, actors and singers coming here, and we bring youth to let them talk to them what inspires them, what difficulties they face, how they came to where they are now. 
 
たとえば、映画のプレミアでマリーナベイサンズでレッド・カーペットが敷しかれました。これは去年はじめの頃です。映画『キャプテンアメリカ』のレッドカーペットの際に行ったことですが、子供達をこの映画の俳優たちとの交流会に招待しました。これは一般公開セッションでQ&Aセッションです。子供たちが来て、俳優たちに質問することができたのです。
For example, we have a red carpet, early last year, captain America civil war actor came. That was when we invited some of our beneficially to meet the stars and present, talk and appreciation sessions as well. It is a Q&A session. This is the public session, and kids can come and ask questions. 
 
私がご紹介したいもう一つのプログラムはサンズ・フォー・シンガポールの一部のものですが、キャリアワークショップを提供しています。これは昨年初めから導入したもので、15-17歳の中高生をマリーナベイサンズに招待し、ワークショップを提供します。4ヵ月後ごとに学校休暇中に行っています。例えば、契約書の書き方・読み方など簡単なセッションを行い、セッションを教えるために運営チームが入ります。しかし、さまざまな面からホスピタリティを学べるように多様なワークショップをしています。例えばテーブルを折りたたむ方法やナプキンを白鳥のように折るのを教える運用チームもいます。また、サステイナビリティ・チームは紙の無駄を減らす方法と持続可能な方法を教えるためのワークショップを提供します。そのほか、HR(人事・総務)チームは、どのように面接を受けるのかなどの実践的方法についてのアドバイスをしています。私たちはここにある100の部署をフル活用しています。
Another one that I want to highlight is for Sands for Singapore, we provide career workshops. So this is something we introduced since early last year, and we offer every quarterly during the school holidays, where we invite secondary school students aged between 15- 17 years old to our property, and do like a hands-on workshop for them, by leveraging on different departments we have. And we give simple sessions like how to do contract, and we have back operation team coming into to teach sessions. But we have both, so we have back operation team coming to teach how to fold tables. It could be any different we have. So we have sustainability team to teach how to reduce paper waste and how to be sustainable. And then we have HR team, and they give an advice on how to go through interviews. So we have leverage different departments we have in here, a lot 100 departments. 
 
最後にご紹介したいのは、「Sands for Singapore Charity Festival」(サンズ・フォー・シンガポール・チャリティ・フェスティバル)です。このチャリティーフェスティバルは、当社の最大の年次イベントであり、地元の慈善団体のための資金調達と意識向上のためのプラットフォームです。このフェスティバルでは私たちが持っているすべての建物をフル活用します。そして、マリーナ・ベイ・サンズの全員が社会に還元するために参加します。従業員、ホテルゲスト、みんなです。今年(2017年)9月8日から10日にかけて、この3日間にわたって、アート・サイエンス・ミュージアム、スカイパークなどのチケット代を寄付します。また、マリーナベイサンズ内にて慈善団体イベントや、募金ディナーパーティーを行います。そして、私たちはこのような場合に料理・飲料と会場を提供します。例えば、コンベンションセンターをスポンサー提供し、ファンドレイズ夕食会を行う、またはコンサートをスポンサードするなどです。この期間、集まったお金はすべて寄付するようにしています。 
Last thing I wanted to mention was Sands for Singapore Charity Festival. So Charity Festival is our largest signature annual event, so annual platform for fundraising and raising awareness for local charities. So that is when we activate our entire property, everyone in Marina Bay Sands join to give back to the society. Employees, hotel guest and everyone. So over this8-10 September this year, over this three days, we donate tickets for seats from arts science museum, Skypark to charity, everything. We also use our property to organize charity, conduct fundraising dinner party. And we sponsor Food &Beverage and venue for these occasions. For instance, we sponsor our convention center for them to conduct dinners etc, we have like concerts which all money go to charity. 
 
私たちはまた、飲食の利益はすべて慈善団体に寄付します。また、当社主導の「プレイ・イット・フォワード」というイベントを行っています。これは、市民参加型の慈善団体向けのチャレンジです。 参加者で一組6名のチームを組み、マリーナベイサンズ内をゲームに参加しながら歩いていきます。彼らが支援したい慈善団体のためにさまざまな挑戦者と競争しています。約40のチームがあり、彼らはマリーナベイサンズの周りを回ってゲームに挑戦していきます。このイベントには約20の慈善団体が関わっています。彼らはポイントを獲得し、勝者は慈善団体のために最大の収入を得ることになります。
We also hold our own one- all the profits from Food & Beverage going to charity as well. We organize this thing called ‘Play It Forward’, which a charity challenge, inviting public participants to join us. There are a team of 6 people, and they go around Marina Bay Sands, competing with different challengers to raise money for the charity of their choice. There are about 40 teams, and they go around Marina Bay Sands, complete different tasks. About 20 charities involved for this festival. 
 
Vol9_07.jpg
プレイ・イット・フォワードのイベントの様子 (2017)
Event of Play It Forward (2017)
 
一般の人は参加する前に慈善団体のリストを渡されます。その中から、支援したい団体を選びます。ゲームが終わりすべて結果が出た後、各慈善団体がどれだけポイントをかせげたかで、1位、2位、努力賞などと順位がつきます。お金は順位にしたがって慈善団体に行きますので、参加者は何も手に入れません。無料参加ですので、賞金はマリーナベイサンズから出されます。自分が応援したいところの慈善団体のためにがんばろう!気持ちとお金のマッチングです。
So before they participate, we give them a list of charities to choose from, who they want to support. After the result, for each charity, how much had they raised for each charity, first, second and consolation prize. The money will goes to the charity, so participants don’t get anything, it is a free participation, so the prize money will be from Marina Bay Sands. It is a matching system of one’s kindness and money. 
 
このフェスティバルの期間中、「Global Hygiene Kit Built」(グローバル・衛生キット・ビルト)と呼ばれるイベントも行っています。他の地域にある各社、例えばラスベガス、マカオなどもシンガポールと同じようにやっているイベントです。自然災害のために消耗品を必要とする人々のために、衛生キットを作ることです。今年はフィリピンに送りました。そこで、約400人のスタッフが集まり、20000キットを作りました。
During that festival time, we engage most of our efforts. So one of the last photo you see, is called Global Hygiene Kit Built, so it’s done across all of our property so in Las Vegas, Macau, and here Singapore etc,. What we do is we pack hygiene kits to be distributed to different places like Philippines international for those who need supplies because of nature disasters. So we had about 400 staff members coming together to pack 20000 kits.
 
私たちは2年ごとにアンケートを社員を対象に実施しています。例えば、マリーナベイサンズについてどのように感じるのか、彼らが私たちが良いことをやっていると思っているのか、尋ねます。調査結果は非常に好調です。スタッフの90%が良いと言っています。これは、前々回の調査の結果と同じパーセンテージでした。ボランティアの数は毎年増えていますので、ボランティア活動をしてくれるスタッフが増えているのです。
We also conduct surveys in every two years, so we ask them how do they feel about Marina Bay Sand, do they think we are doing good etc. Survey results are very favorable. Survey is for our staff. 90% of staff are saying good. So this is some highlight from last year 2016, so our volunteer numbers have been increasing every year, so more and more staff are coming to join us for activities to volunteer. 
 
――プログラム準備にはどれくらいの時間がかかるのですか?
Q: How long does it take for you to prepare this huge event? 
 
タスニーム:だいたい6ヶ月です。もう来年の事業の日程を確定しなくてはいけない時期です。
Tasneem: Normally preparation takes 6 months. We are already looking for the fixed date for next year! 
 
――準備には社員の方も参加してやるのでしょうか?
Q: Do your employees from other departments join you for the preparations? 
 
タスニーム: CSRチームには現在、自分自身と私の上司のJoyceだけしか在籍していません。ですが、私たちにはワーキング委員会というものがあります。つまり、さまざまな部署のスタッフが準備を手助けするようになっています。私たちはイベントの運営を担当する側です。たとえば、ミュージアムの職員が展示物を手伝うために来ていたりします。ステージの設定などは、技術スタッフに手伝ってもらいます。私たちはコーディネーターとしての役割を担っているといいっていいでしょう。
Tasneem: For CSR team, it is just myself and my boss Joyce, so main people are just two. But we have a working committee, meaning that staff from different departments coming to help our preparations. So we are the one in charge, then for instance, museum people coming to help us with exhibition things, because we are not experts in some of areas, for instance like setting up of the stage, then we can contact convention center people coming to help us. We are the coordinator. 
 
マリーナベイサンズが企業として幸運なことは、上級管理職人たちから常に暖かい励ましとサポートを受けていることです。それがなければ、イニシアチブをとって進めることはできません。また、この社会貢献に対する哲学は私たちの親会社、ラスベガス・サンズから引き継がれているものだということです。ラスベガス・サンズの会長(創始者)はフィランソロピストとしてとても世界でも有名な人物です。ですから、彼の想いや理念が私たちにも流れてきているのです。
I would say we are very fortunate to get warm support from senior management, for very encouraging in support. Because without them, we cannot go ahead with initiatives. Also this philosophy comes down from our parenting company in Vegas, Las Vegas Sands. Mr. Chairman of Las Vegas Sands is also a big name in philanthropy as well. So his principles and message are coming down to us. 
 
――するとこのような運営はアメリカの本社そのものがやっているのでしょうか?
Q: Does your headquarter in US do this kind of CSR activities as well? 
 
タスニーム:彼らは「サンズ・ケース」(Sands Case)という独自のプログラムを展開しています。私たちはシンガポール地域社会のニーズに合わせながらプログラムを運営しています。もちろん、ラスベガスにもさまざまなニーズがあるため、それにあったさまざまなプログラムを運営しています。
Tasneem: They have their own program called Sands Case, so they run their own. Because what we do is to suit the needs of our community in Singapore, and they have different needs over there too, so we run different programs. 
 
――政府とのかかわりで何かやっていることはありますか?先ほど理念は共有しているとおっしゃっていましたが、実際に政府と一緒にやっていることなどはありますか?
Q: Also do you have any activities that tie up with the government? You mentioned earlier, you activities are aligned with the government policies. 
 
タスニーム:中央政府と直接にということではありませんが、政府傘下の機関と一緒に働いています。たとえば、マリーナベイ周辺でアイライトフェスティバルを開催し、シンガポール政府の資金調達部門と協力しています。もちろん、政府の政策や理念からあまり外れないようにはしていますが、マリーナベイサンズ独自の事業を展開しています。
Tasneem: I wouldn’t say the government per se, but like different government agencies. For instance, we work with URA for eye light festival around Marina Bay, we work with the community chess which is a fundraising arm of Singapore government. We make sure we are not too different from what the government want, but we do our own. 
 
――今日はとても興味深いお話ありがとうございました。
Q: Thank you very much for taking your time today.
 
タスニーム:こちらこそ、ありがとうございました。
Tasneem: Thank you very much! 
 
 
インタビュー2017年11月9日
Interview held on 9 November 2017
 
 
ページのトップへ戻る