第1回会員ネットワーク勉強会

「三菱地所のCSRを文化の視点で掘り下げる、大丸有フィールド視察」

「三菱地所・文化・まちづくり」をキーワードに三菱地所の活動を掘り下げます。
大丸有(だいまるゆう:大手町・丸の内・有楽町地区)における取り組み事例の紹介と、人を呼ぶ“にぎわい”の仕掛けやその成果について、そして、文化・芸術の発信拠点となる「三菱一号館美術館」を事例に、まちにおける美術館の位置付けから実際の運営までお話をうかがいます。また、開催中の「バーン=ジョーンズ展」鑑賞後、さらに深いレベルで個別に情報交換する場として懇親会を設定しています。企業ミュージアムをお持ちの方、まちと文化の関係・役割について知りたい方はもちろん、ご関心のある方はぜひお誘い合わせの上ご参加ください。

■日時
2012年7月3日(火)15:00~18:00 (14:45 新丸ビル・オフィスゾーン1階ロビー集合←赤いソファが目印です)

■場所
新丸ビル プレゼンルーム、三菱一号館美術館、ほか(東京・丸の内)

■内容
15:00 大丸有の事例紹介 発表者:街ブランド企画部 城所勝巨 副長、加藤浩志 副長
15:30 「まちのなかの美術館」の活動紹介 発表者:美術館室 鬼柳 求 副長 三菱一号館美術館「バーン=ジョーンズ展」鑑賞
17:00 懇親会

■参加費
2,000円(懇親会費含む)*当日受付でお支払いいただきます *領収証を発行いたします

■定員
20名

■締切
2012年6月27日(水) 定員・20名になり次第締切ります

■主催等
企業メセナ協議会・会員ネットワーキンググループ会員ネットワーク勉強会*1

協力 三菱地所株式会社

★三菱地所視察申込書.pdf

一号館広場

 

 

丸の内仲通り


三菱一号館美術館
「三菱一号館」は、1894(明治27)年、開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された、三菱が東京・丸の内に建設した初めての洋風事務所建築。老朽化のため1968年に解体したが、当時の意匠や部材、その製造方法や建築技術まで忠実に再現し、2010年に美術館としてよみがえる。
6月23日より、19世紀後半のイギリス美術を代表する画家・バーン=ジョーンズの全貌に迫る日本初の個展「バーン=ジョーンズ展―装飾と象徴」を開催。

※ 会員ネットワーク勉強会とは…
企業メセナ協議会の会員が集う場・出会う場を生み、メセナ活動にかかわる情報交換・研鑽の場として開催する勉強会。会員有志の「会員ネットワーキンググループ」幹事が「メセナの現場目線」で企画し、運営も担っています。
幹事(敬称略)│星久人(ベネッセホールディングス)、飯島健(新国立劇場)、宗村泉(凸版印刷)、岡部三知代(竹中工務店)、菅沼比呂志(リクルート)、天坊真彦(リソー教育)、美馬直輝(Rightning Consulting)、宮田昌尚(朝日新聞社)、森本智子(ワコールホールディングス)

開催報告

7月3日(火)、会員ネットワーキンググループ主催の第1回「会員ネットワーク勉強会」を開催しました!
これは、昨年秋に発足した協議会会員有志で構成される「会員ネットワーキンググループ」幹事が、会員相互の情報交換や交流などを目的に企画・運営する勉強会。今回は大丸有(大手町・丸の内・有楽町)エリアを盛り上げる三菱地所のご協力で実現し、30余名の会員の方々にご参加いただきました。

まず、新丸ビルのプレゼンルームで、街ブランド企画部の加藤氏から街づくりについての概要を、美術館室の鬼柳氏からは、三菱一号館の復元など「三菱一号館美術館」の立ち上げに際してのお話をうかがいました。

 

司会は会員ネットワーキンググループ・菅沼幹事

 

「三菱一号館」は、1894(明治27)年、開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された、三菱が東京・丸の内に建設した初めての洋風事務所建築です。
老朽化のため1968年に解体しましたが、当時の意匠や部材、その製造方法や建築技術まで忠実に再現し、2010年に美術館としてよみがえったのが「三菱一号館美術館」だそうです。
レクチャー後は、人々でにぎわう丸の内仲通りを歩いて「三菱一号館美術館」に移動。6月23日より開催中の、19世紀後半のイギリス美術を代表する画家・バーン=ジョーンズの全貌に迫る日本初の個展「バーン=ジョーンズ展―装飾と象徴」を鑑賞しました。

街づくりについて発表する三菱地所・加藤氏

そして鑑賞後には、向かいのビルに移動してカフェで懇親会。ここでは、予想以上の盛り上がりを見せ、参加者全員がほぼ全員とお話するほどの活発な交流の時間となりました。

懇親会の様子

 

「会員ネットワーキンググループ」の記念すべき第1回目の勉強会。
今回は三菱地所の環境・CSR推進部の永井様、中村様はじめ、ご協力いただきましたみなさまに心より感謝いたします。

◎訪問日: 2012年7月3日(火)
◎訪問先: 新丸ビルプレゼンルーム、三菱一号館美術館 (東京・丸の内)  https://mimt.jp/
◎協 力: 三菱地所(株)  https://www.mec.co.jp/

会員ネットワーキンググループとは:
会員相互の交流・連携強化を目的に、情報交換・相談・研鑽などが恒常的に行える場を設けるため、2011年に発足。企業メセナ協議会会員有志からなる幹事メンバーが中心となり、協議会事業・行事に関連づけた会合を開くほか、メセナ活動にかかわる課題について話し合うなど、集いの場・ネットワークづくりのため活動しています。
*2012年度幹事(企業・団体名のみ):
ベネッセホールディングス、新国立劇場、凸版印刷、竹中工務店・ギャラリーエークワッド、リクルートホールディングス、リソー教育、Rightning Consulting、朝日新聞社、ワコールホールディングス(計9社団体・敬称略)

arrow_drop_up