メセナアワード2019 大賞受賞

地域と企業が一体となって日本の優れた建築文化を遺す

宮下正裕 株式会社竹中工務店 取締役会長

―このたびは「メセナアワード2019」メセナ大賞のご受賞、誠におめでとうございます。御社OBである建築家藤井厚二氏の設計した歴史的建造物「聴竹居」の保存を基軸に、地域の人々の交流による拠点づくりと建築文化から地域文化の創出へ大きく寄与された点が高く評価されました。

ありがとうございます。元々は当社設計部有志が先輩の遺していった「聴竹居」の価値を見出し、その実測調査から始まった活動です。さらに地元である京都府大山崎町の方々と一体となって保存・公開活動を続けてきたことで大きく広がり、創立120周年にあたる2019年に評価いただけたことを大変光栄に思っております。2016年末に一般社団法人聴竹居倶楽部を設立し、「聴竹居」の保存と管理、ガイドに至るまでの運営は、地元の方々を中心とした現地スタッフのご協力で成り立っています。さらに2018年には町内に点在する重要文化財の所有者を中心に「大山崎町重要文化財ネットワーク」が設立されました。地域の人々が歴史ある建物に誇りを持ち、サポーターとして文化的価値を発信するだけでなく、現在では住民が互いに連携し、さまざまなイベントを開催しています。2017年、重要文化財となった「聴竹居」を契機に地域に新たな価値が創出されていることをとてもうれしく思います。

―代々宮大工の流れをくみながら日本の伝統的な建築文化の継承を担いつつ、一方で時代の先を見据えた事業展開をされていらっしゃいます。経営の中でメセナ活動をどのように位置づけていらっしゃいますか?

当社は1610年に宮大工の棟梁として創業し、「最良の作品を世に遺し、社会に貢献する」を経営理念として掲げています。建築は、個人、企業、国家にとって生命、財産を守る器であるとともに、そのもの自体が貴重な財産であり、時代を超える文化遺産として捉えています。古くから脈々と受け継がれてきた日本の建築文化を背負いながら、「建築文化」の発信、振興に努め、次世代を担う人材の育成や地域の発展に貢献していくことも大きな使命だと考えています。そういった私どもの想いの中では、メセナ活動は極めて自然なものであり、いわば「竹中工務店らしい」企業風土に即した活動と捉えて推進しています。

―今後の展開はどのようにお考えですか?

藤井厚二が提唱した木造モダニズム建築「日本の住宅」は、日本の気候風土に合った、いわば日本の住宅の理想形です。現代においても学びが多く繊細な建築は、我々のこだわりとも合致します。まずはこうした古きよきものに宿る普遍的な価値を、今後も発信していきたい。
また昨今「SDGs(持続可能な開発目標)」の重要性が叫ばれています。環境問題や都市の持続可能性などの社会課題の解決が企業に問われる中、地域文化の新たな価値創造は今後も求められるのではないでしょうか。建築物を柱にしたコミュニティの活性化など「聴竹居」の取り組みは一つのよいモデルケースになると考えています。近年、まちづくりにおいて「シビックプライド(住民の地域に対する誇りや愛着)」が重視されていますが、まさに「聴竹居」のような建築がその起点になりうると確信しています。

[聞き手・構成:星久美子]
取材日:2019年10月21日


みやした・まさひろ

1946年6月27日生まれ
1971年6月 東京大学工学部都市工学科卒業
1971年7月 竹中工務店入社 大阪作業所
1972年4月 開発計画本部
1986年4月 開発計画本部課長
2001年3月 開発計画本部本部長
2002年3月 役員補佐
2003年3月 取締役
2007年3月 常務取締役
2010年3月 専務執行役員
2012年3月 取締役執行役員副社長
2013年3月 取締役執行役員社長
2019年3月 取締役会長

arrow_drop_up