メセナ活動認定制度《This is MECENAT 2021》

コロナ禍でもメセナの灯は消えず~企業による芸術文化支援活動166件を認定

企業・企業財団が実施するメセナ(芸術文化を通じた豊かな社会創造)活動の認定制度「This is MECENAT 2021」において、166件(103社・団体)を認定しました。2020年に引き続き今年も新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受け、従来通りの実施が難しい状況にある活動も対象とし、有識者による審査において、過去の実績や継続の意志もふまえて認定活動を決定(資料別添)。自社の特性を活かした事例や地域の歴史文化を発信する取り組みなど、全国各地でコロナ禍におけるメセナ活動の継続と新たな試みによってさらなる活性化を目指す企業・団体が多く見られ、新たに応募された46件の活動も認定されました。

◆プレスリリース(PDF)はこちらから
※認定活動一覧表付

▼ウェブサイト「メセナアーカイブ」認定活動はこちらに順次公開していきます。
http://mecenat-mark.org/

昨年5月、弊会会員企業・団体を対象に実施した、メセナ活動におけるCOVID-19アンケ―トの調査結果では、7割の企業・団体がコロナ禍により大きな影響を受けたと回答。しかし過半数はメセナ活動の再開を望み、ほぼすべての回答企業がコロナ禍での芸術文化活動への支援を必要と回答。アフターコロナでは文化芸術の社会的な役割や存在価値が高まると答えた企業が多数という結果でした。コロナの影響が続く状況下でも当制度の応募数は減少することなく、また新規応募数についても46件となり、アンケート結果が実証される形となっています。
▼プレスリリース(2020/6/2)「COVID-19アンケート調査結果と支援ファンドの開始」
https://www.mecenat.or.jp/ja/news/pressrelease/8653

arrow_drop_up