GBFund 芸術文化による災害復興支援ファンド

新型コロナウイルス被害への支援決定 GBFund

公益社団法人企業メセナ協議会(東京都港区芝5-3-2、理事長:尾﨑元規)は、このたびGBFund 芸術文化による災害復興支援ファンドの選考委員会を開催し、計16件へ総額315万円の助成を決定しました。

新型コロナウイルス感染症による世界規模の経済・社会活動への甚大な影響は、わが国の文化芸術の分野においても多大な被害におよび、これまで社会を豊かにしてきたさまざまな芸術文化活動の灯が絶え、人材の損失が危ぶまれる危機的状況になっています。その状況を踏まえ、企業メセナ協議会では、GBFundにおいて「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」を対象災害と認定し、被害を受けた芸術文化を支援すべく本年6月より寄付募集を開始しています。

今回は延期・中止など被害を受けた芸術文化活動に対して、活動の継続・発展のための支援として以下16活動へ、新型コロナウイルス災害に対する寄付募集後、初めての助成を行います。

引き続き寄付を募集していますので皆さまからのご支援をお願いします。
ご寄付はこちらから

プレスリリースPDF:2020-No.08

GBFund詳細ページ

arrow_drop_up