2013年7月1日

【公開質問状への回答】「協議会3.11.メッセージ」と各党の文化政策について

このたび、3月11日に発表した協議会メッセージ「文化と経済の両輪による社会創造を」(下記、政策提言実績ご参照)への意見、ならびに文化による震災復興と日本の文化政策についての考えについて、自由民主党・民主党・公明党に公開質問状にて尋ね、それぞれ回答を得ました。

質問項目は以下6つです。

  1. 貴党の文化政策の基本的な考え方について、ご紹介ください。
  2. 下村文部科学大臣が、「文化芸術立国を目指すうえで、今後数年のうちに文化予算を2倍にしたい」と発言しておられますが、こうした考えに対するご意見をお聞かせください。
  3. 協議会3.11.メッセージでは、「日本文化の発信と文化資本による経済の再建を」と掲げていますが、文化政策と経済政策のかかわりについて、ご意見をお聞かせください。
  4. 同メッセージでは、震災復興およびこれからの日本社会において、地域文化の多様性と振興が重要であると訴えていますが、地域文化振興について、どのようにお考えですか。
    また具体的な方策についてご意見がありましたらご提示ください。
  5. 同メッセージでは、日本文化を世界に発信し、世界との交流を進めることが重要であると訴えていますが、国際交流における日本文化の重要性について、ご意見をお聞かせください。
    特に東アジアにおける文化交流について、どのようにお考えかご提示ください。
  6. その他、同メッセージについてお気づきの点がありましたらお考えをお聞かせください。

【自由民主党】公開質問状への回答2013.6.28.
【自民党】公開質問状への回答.pdf Adobe Acrobat ドキュメント [238.4 KB]
 ・ダウンロード

【民主党】公開質問状への回答2013.6.28.
【民主党】公開質問状への回答.doc.pdf Adobe Acrobat ドキュメント [186.4 KB]
 ・ダウンロード

【公明党】公開質問状への回答2013.6.28.
【公明党】公開質問状への回答.doc.pdf Adobe Acrobat ドキュメント [156.2 KB]
 ・ダウンロード

 
政策提言のトップへ
ページのトップへ戻る