明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博(1876-1950)の生誕140年を記念する回顧展です。
仲間から「絵の鬼」と呼ばれるほど鍛錬を積み、1899年アメリカに渡り数々の作品展を開催、水彩画の技術と質の高さが絶賛されます。その後も国内はもとより世界各地の風景画を発表、太平洋画会と官展を舞台に活動を続けました。本展では、水彩、油彩、木版へと媒体を展開させていった初期から晩年までの作品より200余点を厳選し、吉田博の全貌とその魅力に迫ります。

■開催期間 2017年7月8日(土)~8月27日(日)
会期中に一部展示替えあり 【前期】7月8日~7月30日 【後期】8月1日~8月27日
■休館日 月曜日(ただし7月17日は開館、翌18日も開館)
■時間  午前10時から午後6時まで  ※入館は午後5時30分まで
■会場  東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
最寄り駅(各駅徒歩5分)
JR新宿駅西口、丸ノ内線新宿駅・西新宿駅、大江戸線新宿西口駅
■お問い合わせ
ハローダイヤル:美術館利用案内 TEL.(03)5777-8600 
■料金 一般 1,200円(1,000円)/大学・高校生 800円(650円)/65歳以上 1,000円/中学生以下 無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
※2回目以降は使用済みの有料観覧券の提出で、一般800円、大学・高校生500円

■ウェブサイト 
http://www.sjnk-museum.org/

ページのトップへ戻る