公益社団法人 企業メセナ協議会

アートを支援する

2021芸術・文化による社会創造ファンド

2020年、日本はスポーツの祭典によって世界からの注目を集めます。それと同時に、日本各地の多彩な文化にも人々の関心が寄せられ、地域独自の文化の魅力を発信し、新たな芸術活動や国際的な文化交流をはかる機会ともなります。企業メセナ協議会では、2020年を一つの節目と捉え、その先の未来を創造する芸術・文化の振興に向けて、「2021芸術・文化による社会創造ファンド」(略称:2021Arts Fund)を設けます。

いまから始める未来の文化創造

「2021」は2020年より先を象徴していますが、未来は今日から明日への連続でかたちづくられます。日本各地に受け継がれてきた固有の文化を守り伝えていく、他国の文化に触れることで新たな創造の糧とする、幅広い領域と文化を結ぶ人材を育むなど、いまから、芸術・文化を通じた社会づくりは始まります。皆様のファンド参加をお待ちするとともに、寄付者の意志をかたちにする支援プログラムの運営をお手伝いします。

■重点とする支援対象

  地域文化振興および芸術・文化による地域創造
  芸術・文化を通じた国際交流および日本文化の国際発信
  芸術・文化およびこれを通じた社会創造を担う人材育成
  その他、芸術・文化振興に資する活動

■寄付の種別

①協議会のファンドに参加する
当ファンドの趣旨にご賛同いただける企業・個人からの寄付を募ります。上記の支援対象に適うような芸術・文化活動を公募し、協議会が助成先を選考します。
※ 企業メセナ協議会への寄付は、税制優遇の対象となります。

②目的ファンドをつくる
寄付者の意向を反映させる目的ファンドを協議会が運営します。以下のような目的や、個別のご要望に応じたプログラムづくりを実現します。
  会社の創業記念で文化支援のプログラムを始めたい。
  社員が参加できる寄付プログラムをつくりたい。
  商店街の仲間とふるさとの文化活動を盛り上げたい。
  ご縁のある国や地域との文化交流を応援したい。
  退職金を若いアーティストの奨学金に充てたい。
  故人が好きだった芸術への想いを残したい。
※ ファンドの目的に沿い、支援先の公募から選考までを協議会が行います。

③特定の芸術・文化活動を応援する
定期的に行われる文化催事や特定の文化団体やアーティストの活動への寄付についても、当ファンドをご利用いただけます。事業費総額が3,000万円以上、もしくは寄付総額が1,000万円以上を見込む活動で、営利を目的とせず、協議会がその公益性を認めた場合には、当ファンドを通じた寄付募集ができます。
 

採択活動の一覧はこちら     寄付をする/申請する

※申請前にご一読下さい

 


 

fund-zu.png

 

■ファンド運営費

寄付金の10%を上限として、2021Arts Fundの運営費に充てさせていただきます。当ファンドに関する調査、選考、広報などの経費のほか、公募により選ばれた活動への助成金(上記①)として活用いたします
 

リンク:政策提言「ニュー・コンパクト」の継承発展 文化による社会創造、2020年に向けた取り組み

▲ ページトップへ戻る