本年度受賞作品の展示と昨年度グランプリ受賞者の新作個展を同時開催
10月21日(土)から11月19日(日)まで、 2017年度(第40回公募)受賞者の作品を展示する「写真新世紀展2017」と、昨年度のグランプリ受賞者である金 サジ氏の新作個展『満月の夜、男は墓を建て、女はぼっくりを食べる』を東京都写真美術館にて同時開催します。
11月10日(金)には2017年度の優秀賞受賞者7組の中からグランプリを選出する公開審査会を開催。審査会では、優秀賞受賞者7組による作品のプレゼンテーションと審査員との質疑応答が行われ、その後審査員の合意の下、グランプリが選出されます。
※「グランプリ選出公開審査会」の観覧は事前予約が必要です。
その他、審査員によるレクチャー(11月12日さわ ひらき氏:映像レクチャー、11月16日上田義彦氏:写真レクチャー)も開催いたします。
イベント詳細、グランプリ選出公開審査会のお申込み方法は「写真新世紀サイト」よりご確認ください。
皆さまのご来場をお待ちしております。

日時: 10月21日(土)~11月19日(日)10:00~18:00* 木・金曜日は20:00まで。毎週月曜日は休館日。  
■会場: 東京都写真美術館 地下1階展示室 
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内 TEL 03-3280-0099
JR山手線「恵比寿駅」より徒歩約7分、東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」より徒歩約10分  
■出展者: 2017年度 優秀賞受賞者7名 * 澤田 華氏、ジャンカルロ・シバヤマ氏、喰田 佳南子氏、トロン・アンステン/ベンジャミン・ブライトコプフ氏、214氏、溝渕 亜依氏、山口 梓沙氏(五十音順)、2017年度 佳作受賞者11名
■同時開催:2016年度 グランプリ受賞者 金 サジ氏 新作個展『満月の夜、男は墓を建て、女はぼっくりを食べる』 
■主催: キヤノン株式会社  
■共催: 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館  
■入場料: 無料  
■ウェブサイト http://global.canon/ja/newcosmos/

2017mecenat-mark_yoko2.png

 「This is MECENAT 2017」認定活動 

ページのトップへ戻る