Naoko Ogura

日本が誇る常設弦楽四重奏団クァルテット・エクセルシオが、取り組むモーツァルトとその周辺作曲家にフィーチャーした「アラウンド・モーツァルト」シリーズ。
プログラムは、モーツァルトとの繋がりが強いフンメルの弦楽四重奏曲からと、モーツァルト「プロイセン王第2番」。さらにメインは、歌劇「フィガロの結婚」の弦楽四重奏版です。弦楽四重奏だからこその繊細で緻密なアンサンブルを、自由に想像を膨らませながらご堪能ください。

■日時:2018年3月11日(日)14:00開演
■出演:クァルテット・エクセルシオ [西野ゆか/山田百子(ヴァイオリン) 吉田有紀子(ヴィオラ) 大友肇(チェロ)]
■演奏プログラム:フンメル:弦楽四重奏曲第2番ト長調Op.30-2より第1楽章、モーツァルト:弦楽四重奏曲 第22番 変ロ長調 K589 「プロイセン王第2番」、モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」(弦楽四重奏版)より
■会場:第一生命ホール(晴海トリトンスクエア内)都営大江戸線勝どき駅A2a出口より徒歩8分
■入場料(全席指定・税込):一般¥4,000 シニア¥3,500(60歳以上) ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)
■チケットのご予約/お問い合わせ:トリトンアーツ・チケットデスク TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)http://www.triton-arts.net/ja/concert/ticket/
■ウェブサイト:http://www.triton-arts.net/ja/concert/2018/03/11/2322/

2017mecenat-mark_yoko2.png

 「This is MECENAT 2017」認定活動 

ページのトップへ戻る