今年の前半だけでも香港国際室内楽音楽祭、パリ・シャンゼリゼ劇場、東京・春・音楽祭、イタリア・カリアリ劇場出演など、世界の第一線で活躍し続ける“世界のKYOKO”。今回の曲目はベートーヴェン壮年期の作で最後となる2つのソナタ第9番、第10番「クロイツェル」を軸に、1988年ニューヨーク・デビューを飾ったバルトークの無伴奏ソナタ、アメリカを代表するブロッホの作品で彼の源流となるヘブライ音楽と濃厚なロマンティシズムが交差する「バール・シェム」を取り上げます。30年のキャリアを凝縮し、その軌跡をたどる一夜にご期待ください。

■会場:紀尾井ホール
    〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6番5号
■日時:2018年11月8日(木)19:00~
■出演:竹澤恭子(Vn),エドアルド・ストラッビオリ(Pf)
■曲目:
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第10番 ト長調 Op.96、バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz.117 BB 124、ブロッホ:バール・シェム、ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調 Op.47「クロイツェル」
■料金:S席6,500円 A席4,000円 学生A席2,000円
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
■チケット購入:
 紀尾井ホールウェブチケット http://www.kioi-hall.or.jp/
 紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061 (10時~18時/日・祝休)
■URL:http://www.kioi-hall.or.jp/20181108k1900.html

ページのトップへ戻る