躍進目覚ましいサッシャ・ゲッツェルが再登場。プログラムは、名曲・メンデルスゾーン「フィンガルの洞窟」序曲で幕を開け、シューマンのチェロ協奏曲では、温かい叙情を湛えた響きが美しいチェロの名手アントニオ・メネセスと共演します。メンデルスゾーンによって初演されたシューマンの「交響曲第2番ハ長調」は壮麗さと繊細さ、喜びと哀愁、歌謡性とリズムといった、様々な二面性を持つシューマンの音楽の特徴が聴き取れる作品です。

■会場 紀尾井ホール 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6番5号
■日時 2017年11月24日(金)19:00・11月25日(土)14:00開演
■出演 サッシャ・ゲッツェル(指揮)、アントニオ・メネセス(チェロ)、紀尾井ホール室内管弦楽団
■曲目 メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」、シューマン:チェロ協奏曲イ短調Op.129、 シューマン:交響曲第2番ハ長調Op.61
■料金 S席:6,300円 A席:5,250円 B席:3,650円 学生A席:2,000円 学生B席:1,500円
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
■チケット購入 
紀尾井ホールウェブチケット http://www.kioi-hall.or.jp/
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061(10時~18時/日・祝休)
■ウェブサイト http://www.kioi-hall.or.jp/20171124k1900.html

ページのトップへ戻る