2017awards-mark_yoko3.png
 
 
このたび、公益社団法人企業メセナ協議会は「メセナアワード2017」の受賞活動を決定いたしました。「メセナアワード」は、企業による芸術・文化振興活動、ならびにそれを通じた社会課題の解決、豊かな社会づくりという観点から、特に優れた活動を顕彰するものです。
 
つきましては受賞活動の記者発表会を下記のとおり開催いたします。
 
受賞結果は本発表会をもって情報解禁となり、いち早く受賞企業・団体ご担当者へご取材をいただける機会となります。ご出席希望の際は、企業メセナ協議会 広報担当 <press@mecenat.or.jp> まで下記ご明記のうえお申込みください。
 
みなさまのご出席をお待ちしております。
 
--------- お申込みフォーム -------- 
 宛先:press@mecenat.or.jp(広報担当)
 ■貴社名・ご所属:
 ■お名前:
 ■TEL・FAX:
 ■Email:
---------------------------------------
または下記お申込用紙2ページ目に必定事項記載のうえ、
Fax. 03-5439-4521 までお送りください。
★お申込みFAXpress_award2017.pdf
 
メセナアワード2017受賞活動記者発表会 開催概要
◇ 日 時: 2017年11月2日(木)15:30~16:30(受付15:15~)※情報解禁日
       ※同日同時刻にプレスリリースの配信を予定しております。
       11月28日(火)午後、青山スパイラルホールにて
        贈呈式を予定しております。詳細はこちら>>
◇ 会 場: フクラシア八重洲 3F RoomI [地図]
       東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル(常和八重洲ビル)3F
       *東京駅八重洲南口3分
       ※会場住所に誤りがございましたので訂正してお詫び申し上げます。
◇ 出席者: メセナアワード2017受賞企業・団体より担当者、文化庁、
       企業メセナ協議会代表理事ほか
◇ 内 容: メセナアワード2017選考結果、受賞活動のご紹介(7件)
       受賞企業・団体ご担当者からのコメント、質疑、個別取材等
 
 
<メセナアワードとは>
◎企業・企業財団等による優れたメセナ活動を顕彰:
企業によるメセナの充実と社会からの関心を高めることを目的に、1991年「メセナ大賞」(2003年より「メセナ アワード」に改称)を創設しました。以来、前年度に実施されたメセナ(芸術・文化振興による豊かな社会創造)活動を自薦・他薦で毎春公募し、2016年までに、全国各地の優れたメセナ活動200件を表彰しております。
 
2014年3月、時代とともに多彩さを増す企業メセナを広く周知するため、協議会設立25周年の節目をとらえて新しくメセナ認定制度「This is MECENAT」を設置。このたび2016年度「This is MECENAT」認定活動136件の中から7件の受賞活動を決定いたしました。
 
◎選考ポイント
■大賞・優秀賞
1. インパクト・貢献度・・・芸術・文化および社会に与えるインパクトや貢献度が高い
2. 関与度・・・活動を通じて社会・地域と深く関わっている
3. 独自性・・・経営資源をメセナ活動に活かす工夫をしているなど、独自性がみられる
4. 継続性・・・活動に継続的に取り組んでいる、または活動の展開に意欲的である
■特別賞(文化庁長官賞)
自治体、公益法人、NPO、学校や社会福祉法人等の外部の団体と連携し、国民
(地域住民、子供たち等)の社会参加の機会をひらく取組や、
「文化力」・「創造力」向上あるいは日本文化の海外発信に貢献する取組を顕彰します。
※特別賞(文化庁長官賞)は、文化庁担当者が選考に加わります。
 
◎2017年度選考委員
原島 博  東京大学名誉教授 ※審査委員長
大竹文雄  大阪大学社会経済研究所教授
大谷能生  音楽家/批評家
松田法子  都市史・地域史研究、京都府立大学講師
馬渕明子  国立西洋美術館長  (以上五十音順、敬称略)
尾﨑元規  企業メセナ協議会理事長
 
◎過去のメセナアワード受賞活動はこちらをご参照ください。
 
【本件に関するお問い合せ先】
公益社団法人企業メセナ協議会
広報担当 末澤・佐藤(華)
メセナアワード担当 齊藤
press@mecenat.or.jp
〒108-0014 東京都港区芝5-3-2 アイセ芝ビル8階
Tel. 03-5439-4520、Fax. 03-5439-4521
http://www.mecenat.or.jp/
 
ニュースのトップへ
ページのトップへ戻る