1F 三島喜美代さんによるインスタレーション
 
工場が立ち並ぶ城南島の、アートファクトリー
一見アートとは無縁に見える、工場が立ち並ぶ城南島の中に、株式会社東横イン元麻布ギャラリーが運営する「ART FACTORY 城南島」はあります。もともと株式会社東横インの倉庫だった場所を改装してできた、展示室、制作スタジオなどが入る4階建てのアートの複合施設です。案内をしてくださったのは、株式会社東横イン元麻布ギャラリー専務の内田智士さん。本社もある大田区という地域に根ざした文化をつくりたいという思いから、アートに触れる経験を提供できる場になればと2014年から運営しているのだそうです。
 
 
内田さん②.JPG
株式会社東横イン元麻布ギャラリー専務の内田智士さん
 
 
内田さんにご案内いただき、さっそく中へ。1階は、天王洲アイル駅近くの東横INNの前にもパブリックアートを制作している三島喜美代さんの、新聞や雑誌等をモチーフにした作品が展示される空間となっています。束になった新聞紙をモチーフにした迷路のようなインスタレーション作品をくぐり抜けると、20世紀の新聞の見出しがプリントされたレンガが敷き詰めてある大きな空間に導かれます。最近加わったという平面作品も壁面に並び、迫力あるインスタレーション空間となっています。2階のキャットウォークには、パプロ・ピカソと写真家、詩人が共作した作品の展示もあり、見応えがあります。
 
 
三島喜美代③.JPG
 
三島喜美代②.JPG
三島喜美代さんの、新聞や雑誌等をモチーフにした作品たち
 
 
3F展示室B 「Japanese Paper “Edo”Installation」
3階は雰囲気が変わり、浮世絵を和紙に大きく印刷したプリントが並んでいます。ボストン美術館のスポルティングコレクションの高精細データを活用し、拡大してプリントすることで、実物大では見ることができない細かなところから、当時の生活文化が見えてきます。東横インでは、今後海外へも広く展開していくことを視野に入れており、この浮世絵をエントランス等に飾って日本文化を広めることも目指しています。
 
 
浮世絵①.JPG
浮世絵②.JPG
浮世絵の高精細データを和紙に大きく印刷し、展示している
 
 
アーティストスタジオと、クリエイターサポートプログラム
こうした展示スペース(すべて無料で鑑賞できます!)だけでも面白いのですが、ART FACTORY 城南島の大きな特長ともいえるのが、スタジオです。経験者向けに金属と木材の加工ができる専門機材が取りそろえられた「加工スタジオ」と、継続して制作をしたいと考えるつくり手に安価に場所を提供する「制作スタジオ」があります。さまざまな素材で制作をするアーティストたちのアトリエをいつでも見学することができ、普段自分ではつくらないという人にも気軽にものをつくる過程を知ってもらう機会となっています。ここでは、新作の制作や元麻布ギャラリーのグループ展への参加、ワークショップ講師をすることを条件に、スタジオを約1年間、無償貸与するクリエイターサポートプログラムもあり、若いチャレンジ精神のある作家の後押しを積極的に行っています。「アートがもっと生活に浸透するには、作り手が育っていくことが必要だと考えています。若手の作家は、なかなか制作場所がありません。ここを安く気軽に使ってもらうことで、支援になればうれしいです」と内田さん。
 
 
加工スタジオ①.JPG
 
加工スタジオ②.JPG
加工スタジオの様子 
 
制作スタジオ①.JPG
 
制作スタジオ②.JPG
制作スタジオの様子
 
 
美大生等による展覧会も
この日は、4階の多目的ホールで開催された多摩美術大学工芸学科2年生の作品展示「廃品動物展」のオープニングだったこともあり、たくさんの若い作家たちが集まっていました。この展覧会は、授業の一環として会場探しからすべて学生たちが行っています。多摩美術大学の学生が加工スタジオを使用するため、以前に訪れていた縁もあり、開催が決まりました。
 
 
多摩美展示.JPG
「廃品動物展」出展作品のひとつ
 
城南島は、大田区内の埋め立て地で、物流やゴミ処理などの工場が立ち並ぶまちです。そんな中で、三島喜美代さんの作品等廃品をテーマにした作品が多いのは意図的なのかと思いましたが、伺ってみると偶然なのだそう。地域に根ざし、場所を生かすという方針が導いた縁があるような気がしました。つくり手のチャレンジを応援する、ART FACTORY 城南島を中心に、よい循環が生まれていく様を目の当たりにし、今後がますます楽しみになりました。
 
 
*取材を終えて*
⑥高野写真.JPGのサムネイル画像
つくる過程を知ってもらう一環として、ART FACTORY 城南島では月に1回、さまざまなワークショップも開催しています。2月にはガラスの箸置きをつくったのだそう。私も参加してみたくなりました。自分でなにかをつくった後に、作家たちのスタジオを見ると、また見え方も変わってくるかもしれませんね。(高野)
 
 
 
訪問日:2018年3月24日(土)
訪問地:株式会社東横イン アートファクトリー城南島 [東京都大田区城南島2-4-10]
 
ページのトップへ戻る