企業メセナ協議会が実施した人気セミナーの記録冊子です。メセナのケーススタディや寄付税制など、現場担当者の声や専門家の解説を盛り込み、幅広いテーマを取り上げています。

No.10 定価:1,029円


 

seminar_series_no10-1.jpg  

『メセナ セミナーシリーズNo.10
企業メセナへのアプローチガイド』
形態:A4版59ページ
定価:953円+税※送料別 購入申込

 

内容

本書は、さまざまな切り口の「ガイド」で構成されています。冒頭の「企業メセナの基礎知識」は、意外と知られていない企業メセナの基本情報をコンパクトにまとめた導入ガイドです。
続くPart1は、主に企業に対する協賛・助成申請の方法を解説しました。事前の準備から企業訪問、日常のおつきあいにいたるまで、コミュニケーションの大事なポイントがまとまっています。
Part2は、企業メセナ担当者とアート関係者のパートナーシップに欠かせない了解事項を明らかにしたセミナーの誌上再録です。
現役メセナ担当者による全4編の寄稿も掲載しました。"メセナをするのが当たり前ではない企業"の視点にたって書かれた異色のメセナガイド。企業そのものを知る上でも貴重な内容です。その他、メセナ用語集、リンク集なども掲載。傍に置いていつでも参考にしていただけるガイドをめざしました。

本書には以下のセミナー内容が収録されています。

舞台芸術・芸能見本市2006大阪(PAMO) (社)企業メセナ協議会セミナー
 「お答えします!いまさら聞けない企業への疑問~アートと企業のパートナーシップのために~」
 日時:2006年7月29日(土)、会場:大阪ビジネスパーク(OBP)ツイン21MIDタワー20階 第4回会議室

アートと企業メセナの現場担当者による意見交換ラウンドテーブル
 「意外に知られていないメセナのDos[常識]&Don'ts[非常識]
 日時:2006年12月19日(火)、会場:三菱地所大手町ビル6階970区-A・B会議室

 

目次

企業メセナの基礎知識
Part1-1 「企業アプローチの5段階」
第1段階:事前準備、ファーストコンタクト/第2段階:企画(提案)書・予算書の作成、企業訪問/第3段階:支援(または不採択)決定後/第4段階:事業終了後/第5段階:日常のコミュニケーションと相互理解
Part1-2 「お答えします!いまさら聞けない企業への疑問」
Part2 「意外に知られていないメセナのDos(常識)&Don'ts(非常識)」
用語集/お役立ちリンク集
特別寄稿~メセナ未実施企業の立場から~【1~4】

▲ ページトップへ戻る


 

『メセナ セミナーシリーズNo.9 文化で魅力ある地域づくり ~市民、企業、行政の役割~』  

『メセナ セミナーシリーズNo.9
文化で魅力ある地域づくり ~市民、企業、行政の役割~』
形態:A5版34ページ

 

内容

地域づくり、地域再生のキーワードとして、いま「文化」が注目されています。その手法や考え方は、かつての「まちおこし運動」とは異なり、大型施設の建設や開発ではなく既存の地域資源の再活用へ、行政・企業・市民のパートナーシップによる取組みへと変化してきました。NPOの参加も大きな推進力となっています。本シンポジウムでは、地域に根ざした文化活動に取り組むさまざまな立場の方々を迎え、21世紀型の<文化を通じた魅力ある地域づくり>、芸術文化の力について考えます。

基調講演
 中江利忠(企業メセナ協議会副会長)※2006年2月現在

企業トップ討論
 小田原智一(九州電力常務取締役)、西太一郎(三和酒類代表取締役会長)、村岡安廣(村岡総本舗代表取締役社長)、中江利忠、加藤種男(アサヒビール)

トークセッション
 江藤応樹(大宰府)、五島朋子(うずめ劇場)、山野真悟(ミュージアム・シティ・プロジェクト)、加藤種男、荻原康子(企業メセナ協議会)

 2006年2月8日福岡市天神イムズホールにて開催した企業メセナ協議会設立15周年記念シンポジウムの記録です。

 

目次

第1部
<基調講演>
「深化する企業メセナ、15年の歩みと今後の展望」
<企業トップ討論>
「地域社会を豊かにする文化の力と企業の役割」
第2部
<トークセッション>
「市民+企業+行政のパートナーシップが育むまちの魅力」

ページのトップへ戻る