ASEAN諸国の都市研究者・専門家と考える、国際ワークショップ

 
企業メセナ協議会では近年、ASEAN諸国を中心とする海外の文化機関とのネットワークづくりと、民間による文化支援の事例に関する調査に取り組んでいます。このたび、インドネシア、マレーシアから文化を通じた都市・地域づくりの研究者・専門家を招き、"地域・コミュニティの再生・活性化”を考えるワークショップを開催します。
 
両ゲストとともに、日・ASEAN各国の最新事例や考え方を共有しながら、「地域」「コミュニティ」について実践的なプラン作成とディスカッションを行います。文化資源を活かした地域づくりに関心がある、アジアの最新事例を知りたい、国内外の現場担当者とネットワークを作りたい・・・など、ご関心ある方々のご参加をお待ちしています!
 
■概要:
日時:2017年1月24日(火)17:00~18:45(交流会18:45~19:15)
会場:SHIBAURA HOUSE・5F http://www.shibaurahouse.jp/
   〒108-0023 東京都港区 芝浦3-15-4
   アクセス|JR 田町駅芝浦口徒歩7分、都営三田線・浅草線三田駅A4出口徒歩10分
定員: 40名(要事前申込)
参加費:一般1,500円、企業メセナ協議会会員無料
  

■ゲスト・ファシリテーター:
 

Marco Pic_mini.jpg

マルコ・クスマウィジャヤ|都市研究ルジャックセンター、ディレクター[インドネシア]
建築家兼都市計画家。持続可能な建築とアーバニズムおよび芸術に重点を置いた活動を継続。2012年、ジョグジャカルタ近郊にブミ・ペムダ・ラハユ持続可能性学習センターを設立。都市・田園の関係性を含めた地域社会や生態学的な課題に取り組むプログラムを開催している。

「ルジャックセンター」とは?
多彩な分野で活躍する研究者や専門家により2010年に設立。持続可能な都市や地域を構築するための革新的な提案や実践を、コミュニティとともに取り組むことを目指す。生態系の集約である都市に注目し、気候変動や生態学的な災害から生き延びるだけでなく、都市問題から環境に対する意識を高めることで、現代と未来の人類の問題に焦点をあてている。
https://rujak.org/
 
 
 

Duncan Pic_mini.jpg

ダンカン・ケイブ|シンク・シティ、アーバン・ナレッジ プログラム・マネージャー[マレーシア]
コミュニティとともに地域再生に取り組むシンク・シティにおいてプログラム・マネージャーを務める。アーバン・ナレッジは、シンク・シティのパートナー組織向けの資料館を創設し、研究、出版、様々なプロジェクトを通じ、エビデンスに基づいた解決策を提供している。

「シンク・シティ」とは?
マレーシア政府の戦略的投資助成機関であるカザナ・ナショナルが所有し、 1993年に公開有限会社として設立。同社の資本は全て財務大臣が保有。取締役会は官民両方の代表者で構成され、会長はマレーシア首相が務める。地域自治体や国際機関、コミュニティと共に、地域問題の長期的・包括的な解決策提案と効果的なパートナーシップ構築を目指している。
 
*両ゲストは、1月26日(木)に開催される 企業メセナ協議会国際会議「芸術・文化を振興する企業理念とは―インドネシア・マレーシア企業における展開に向けて」にもご登壇予定です。ぜひあわせてご参加ください。詳細はこちら
 

■お申込み方法:
Peatixからお申込みください。
*会員の方は、mecenat@mecenat.or.jpに、件名を「1/24ワークショップ申込み」とし、お名前・ご所属(お役職)・電話番号をご明記の上、お送りください。
 

■タイムテーブル: *逐次通訳あり
17:00 ワークショップの概要説明
17:10 ファシリテーター・プレゼンテーション
17:20 グループワーク
18:30 講評・Q&A
18:45 交流会
19:15 終了 
  
■お問合せ:
企業メセナ協議会(担当 末澤・三田)
ページのトップへ戻る