公益社団法人 企業メセナ協議会

メセナに参加する

参加募集中のセミナー

メセナフォーラム開催!~日本の文化と経済の再発見~多様な日本文化を支える企業メセナ~

設立25周年を迎えるにあたり、今年から来年にかけて文化と経済を考える国際会議を実施いたします。そのキックオフとして、地域文化や伝統産業など日本文化を支える多彩な企業メセナをご紹介する「メセナフォーラム」を毎月開催。メセナご担当者をゲストに、活動内容やさまざまなエピソードなど、事例を交えてお話しいただきます。情報交換とネットワークづくりの場として、ぜひお役立てください。皆さまのご参加をお待ちしております。

フォーラムでのトークセッションに、モデレーターとして若手社会学者の古市憲寿氏のご出演が決定!
当日スケジュールを一部変更しております。資生堂ギャラリー見学を実施いたします!

◆第4回:「文化資本による経営」 終了しました!
●日 時:2014年9月11日(木)
●構 成:16:00~17:30 メセナフォーラム /17:30~18:10 資生堂ギャラリー見学 /18:15~19:30 懇親会(※懇親会は別会場/参加費別途)
●会 場:資生堂 花椿ホール
●料 金:1,000円 (協議会会員は無料)
●ゲスト:
 株式会社 資生堂 http://www.shiseidogroup.jp/culture/?rt_bt=menu-culture_001
 株式会社 竹中工務店 http://www.takenaka.co.jp/
●モデレーター:古市 憲寿 氏 (社会学者) 

★お申込みはこちらまで⇒https://pro.form-mailer.jp/fms/c371874a53811
 

古市 憲寿 

社会学者。1985年東京都生まれ。若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)などで注目される。「経済財政動向等についての集中点検会合」委員、内閣官房「クールジャパン推進委員」メンバーなどを務める。日本学術振興会「育志賞」受賞。最新刊は日本社会の様々な「ズレ」について考察した『だから日本はズレている』(新潮新書)。
古市さんphoto.jpg

 
 

_________________________________________________


◆第1回:「地域の伝統芸能・文化」 終了しました!
日 時:2014年6月12日(木)16:00~17:30 ※17:30~懇親会
会 場:株式会社博報堂 会議室 
料 金:1,000円 (協議会会員は無料)
ゲスト:
キヤノン株式会社 メセナアワード2012 歴史をひもとく賞 【「綴プロジェクト」の実施
公益財団法人東日本鉄道文化財団 メセナアワード2011 文化の枕木賞  【東日本における地域文化支援
 

◆第2回:「地域コミュニティ」 台風の影響により、開催中止となりました。(7/10)
この度、ゲストのお二人より、参加お申込みいただきました皆様へメッセージを頂きました。
News:【ゲストからのメッセージ】(7/14)

日 時:2014年7月10日(木)16:00~17:30 ※17:30~懇親会
会 場:3×3 Labo(さんさんらぼ)
料 金:1,000円 (協議会会員は無料)
ゲスト:
公益財団法人弦地域文化支援財団/株式会社シベール メセナアワード2009 「文舞」両道賞 
                          【シベールアリーナ&遅筆堂文庫山形館の運営
株式会社ふくや メセナアワード2008 網の目コミュニケーション賞 【博多の伝統芸能、祭りの普及・支援】

 

◆第3回:【特別編】「古典文化」―熊本・鹿児島視察― 終了しました
視察スケジュール⇒第3回メセナフォーラム(熊本・鹿児島視察)スケジュール.pdf
 ※スケジュールおよび視察先の変更、追加の可能性がございます。予めご了承ください。
お申込みはこちらのフォームをご入力ください⇒https://pro.form-mailer.jp/fms/c371874a53811
お申込締切日:8月5日(火)

<日 程> 8月28日(木)~30日(土) 2泊3日
<定 員> 25名
<参加費> 協議会会員 45,000円 / 一般 50,000円
※参加費に含まれるもの:宿泊費(熊本市内ホテル:朝食込、指宿白水館:夕・朝食込)および現地での交通費
※航空券代は各自でご負担いただきます。協議会手配をご希望される場合はお申し出ください。

8月28日(木) 東京(8:35羽田空港発)→熊本(10:20熊本空港着)

◇熊本市現代美術館
現代美術を中心とした美術館として、国内外の水準の高い企画展を開催するとともに、美術の調査研究や地域に根ざした教育普及活動を実施。全国的に活躍する熊本および九州出身のアーティストの成果を紹介し、さらに地元を基盤として活躍するアーティストが生み出すすぐれた熊本の芸術文化を、国内外へ広く発信。
◇(株)お菓子の香梅「古今伝授之間」
東海道五十三次を模した桃山式庭園として名高い、「水前寺成趣園/通称:水前寺公園)」。「古今伝授之間」は、この名園を一番美しく眺めることができる場所に位置する、茅葺き屋根の歴史ある建物(熊本県指定重要文化財)。ここは、古今伝授(詳細は後述)が行なわれた空間として現存する「日本で唯一の建物」として、各方面から注目を集めている。お菓子の香梅(運営:古今伝授之間 香梅)は、先人達の文化遺産である「菓子」の神髄を追究し、後世に伝える立場から、「菓子」と「和歌」の違いはあれど、この貴重な日本唯一の文化遺産を後世に伝えることを使命し、運営管理を行っている。

〔宿泊:熊本市内〕
 
8月29日(金) ◇熊本県副知事訪問
戦後の県政史上最年少で副知事に就任された熊本県副知事、小野 泰輔氏を訪問。

⇒鹿児島県指宿市へ移動
◇指宿白水館「薩摩伝承館」
薩摩伝承館は2008年2月11日に開館。指宿白水館の創業者である一代目、下竹原弘志と、親子二代、60年にわたって収集された約3000点のコレクションを公開する施設として開館された。テレビ番組「なんでも鑑定団」で鑑定された薩摩切子がここに所蔵されている。

〔宿泊:指宿白水館〕
 
8月30日(土) ⇒鹿児島市内へ移動
◇マルヤガーデンズ
Community (集まる場所)、Department(百貨店)、Unitement(すべてをつなぐ)。マルヤガーデンズは百貨店のようでありながら、「ガーデン」と呼ばれる10のギャラリーを持つ、いわば「買い物集会所」。ショッピングを楽しむ。マルシェで夕飯の食材を買う。ガーデンで開催されるワークショップに参加する。あるいは、自分たちの手で展覧会をひらく。マルヤガーデンズは独立したお店の集合体でなく、お客様、お店、ガーデンすべてをつなぐことで、ひとつの意思を発信できる場所である。
◇鹿児島市内視察 

鹿児島(16:30鹿児島空港発)→東京(18:15羽田空港着)

 

 

▲ ページトップへ戻る