調査研究

メセナアソシエイト

企業メセナに関する調査研究を協議会と協働して行う外部研究員です。2014年より公募を開始し、企業メセナの社会への普及と更なる発展を目指し、メセナ活動の今日的な課題や先進的な事例について調査研究を行います。
また、メセナ分野における若手研究者の育成も目的とし、研究員自ら企業への視察やヒアリングを行い、レポートを執筆します。

メセナアソシエイトレポート

2021年度

笠井 優
Associate Report 2021
企業メセナ活動の終了とその後に関する事例調査(仮タイトル・執筆中)
小島ひろみ
Associate Report 2021
日本戦後写真の振興と写真の芸術的価値の向上に企業メセナが果たしてきた役割 その意義と今後の課題(仮タイトル・執筆中)
近藤つぐみ
Associate Report 2021
日本の現代演劇史に見る民間企業による劇場文化支援(仮タイトル・執筆中)
田尾圭一郎
Associate Report 2021
企業はミミズに進化する(仮タイトル・執筆中)

2020年度

田尾圭一郎
Associate Report 2020
自生するメセナ
丹羽 梓
Associate Report 2020
企業メセナにおけるパートナーとは?
吉田駿太朗
Associate Report 2020
コンテンポラリーダンスにおける日本のメセナ活動—「振付家の時代」と振付家の社会的な役割を中心に—

2019年度

打林 俊
Associate Report 2019
写真関係メーカーの展覧会を通じたメセナ活動を歴史学から考察する試み−ライカカメラジャパンの事例を中心に
照屋真弓
Associate Report 2019
継続する企業メセナ〜沖縄の伝統芸能を巡って

2018年度

柳沢ゆかり
Associate Report 2018
今の日本に求められているメセナ活動とは

2017年度

藤井亜希子
Associate Report 2017
アートによる社会包摂活動と企業メセナ
山田典子
Associate Report 2017
伝統的工芸品に対する企業の取り組みから生まれる地域振興についての一考察

2016年度

海老澤 彩
Associate Report 2016
地域活性化事業を行うメセナ活動を対象とした質的評価のための事例調査
澤谷夏樹
Associate Report 2016
企業メセナとしての美術品蒐集とその活用
杉浦幹男
Associate Report 2016
地域におけるメセナ活動に関するモデル調査報告
竹口弘晃
Associate Report 2016
文化資源にアプローチする企業メセナの活動―文化資源を顕在化するプロセスに着目して―
田中実紀
Associate Report 2016
企業アーカイブの公開―メセナの一つの形
松下倫子
Associate Report 2016
地域アイデンティティと企業博物館

2015年度

澤谷夏樹
Associate Report 2015
顕彰・コンクール事業の現在―選考方法と事後支援策
鈴木紗綾子
Associate Report 2015
ソーシャルインクルージョン系プロジェクトのベンチマーク調査およびプロジェクト実施による知見の社内資産化に関する評価
高島知佐子
Associate Report 2015
中規模企業におけるメセナ活動の意義と継続性

2014年度

澤谷夏樹
Associate Report 2014
「アートの質」は玄関に響く
ロビーコンサート四態
西畠 綾
Associate Report 2014
米国の民間企業による経済危機以降の芸術文化支援の動向
宮本 典子
Associate Report 2014
美術体験を広げ、深めるさまざまなメセナ活動
宮本祐輔
Associate Report 2014
企業メセナ活動における『企業としての経営効果』についての考察
arrow_drop_up