メセナアワード

トロフィー

若手の現代美術作家に依頼して、3年間オリジナルのトロフィーを制作しており、毎年メセナ大賞・優秀賞5賞へ贈呈しています。

最新トロフィー

2018-2020 トロフィー制作

トロフィー『The seed of light』
『The seed of light』
2018年
素材:ガラス
サイズ:H118×W155×D155mm
撮影:佐藤 茂

青木美歌|あおき みか

青木美歌

撮影:Hiromi-Shinada

平成29年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてアイスランドにて研修。武蔵野美術大学卒業後、文化庁新進芸術家海外研修制度にてイギリスへ留学。RoyalCollege of Art修士課程修了。菌類やウイルス、植物細胞など、有機的なフォルムをモチーフに、目に見えない生命の在りようをテーマとした作品を発表している。
作家WEBサイト

作品紹介『The seed of light』

多様化するメセナ活動に共通するモチーフを考えた際に、種子の形態のイメージがアイディアの中に出てきました。それは、活動に携わった人々は皆、輝く種を受け取るような行為になると感じたからです。一人ひとりの中で感性が育まれ、いずれ花を咲かせたり、大きな木になるなど、豊かな森のような社会をつくる担い手になっていく可能性を秘めています。そのような可能性が無数に発生しているイメージで、ガラスの中に小さな気泡を含めたデザインにしました。活動に参加する人にチャンスを授けること、それが未来につながっていくことから、『The seed of light』(光の種)というタイトルをつけました。
気泡の部分に光があたることで、キラキラと優しく煌きます。吹きガラスのテクニックで制作しており、一つ一つが個性を持った形態をしています。ガラスという素材が持つ有機的な表情や、光を透過させた時に発生する影もお楽しみいただけましたら幸いです。

歴代トロフィー一覧

トロフィー『マエナケスの庭』
『マエナケスの庭』2015-2017
トロフィー『あした(明日)』
『あした(明日)』川上幸子2012-2014
トロフィー『塔-tower2009』
『塔-tower2009』佐藤好彦2009-2011
トロフィー『蒼‐2006』
『蒼‐2006』生田丹代子2006-2008
トロフィー『光のトロフィー』
『光のトロフィー』篠田太郎2003-2005
トロフィー『RADICAL PLANT ラディカル・プラント』
『RADICAL PLANT ラディカル・プラント』鷲見和紀郎2000-2002
トロフィー『サポート』
『サポート』中村哲也1997-1999
トロフィー『蒼‐2006』
『蒼‐2006』多田美波1991-1996
arrow_drop_up